オーランド・ブルーム、新しいタトゥーを入れるもまさかのスペルミス! 「L」が「R」になってしまう事態に[写真あり]

2月15日(土)16時9分 tvgroove

オーランド・ブルーム

人気俳優のオーランド・ブルーム(43)が、新しいタトゥーを入れたのだが、まさかのスペルミスで彫られてしまったようだ。justjared.comなど様々なメディアが伝えている。

オーランド・ブルームといえば、過去にモデルのミランダ・カー(36)と結婚し、息子フリン君(9)が誕生。ふたりは結婚から3年で離婚したが、現在オーランドは歌手のケイティ・ペリー(35)と婚約し、去年もフリン君とケイティと共に来日を果たしていた。

そんなオーランドが愛する息子フリン君のタトゥーを入れたようだ。

オーランドは、フリン君の名前、生年月日、生まれた時間をモールス符号(電信で用いられている可変長符号化された文字コード)で彫ったという。

しかしその直後、ファンたちはショッキングな事実に気づいてしまった。オーランドがインスタグラムでそのタトゥーを公開したのだが、なんとフリン君のスペルが「Flynn」であるにもかかわらず「Frynn」になってしまっていたのだ。

View this post on Instagram

new #tattoo can you guess who?

A post shared by Orlando Bloom (@orlandobloom) on

モールス符号であるためわかりにくいが、「R」のモールス符号は「.-.」で、「L」は「.-..」だという。この事態にオーランドのタトゥーアーティストは「ドットがひとつかけていましたね!修正します!」と、直ちに修正することを明らかにした。

スペルを間違うとは痛恨のミスであるが、モールス符号だっただけに修正もしやすかったようで、一件落着となった。

tvgroove

「オーランド・ブルーム」をもっと詳しく

「オーランド・ブルーム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ