沢尻エリカを待ち受ける「10億円返済地獄」(3)過去を綴った『懺悔録』の刊行を企画

2月16日(日)9時57分 アサ芸プラス

 意外な業界からも期待の声が漏れてきた。

「このところ、沢尻が芸能界から飲食業界に電撃転身するとの噂がささやかれるようになったんです」

 こう語るのは、飲食ビジネス関係者だ。意外なことに、噂の出元となったのは母親の存在だという。

「沢尻の母親はかつて東京・西荻窪で地中海料理店を営み、料理本もヒットさせている地中海家庭料理の第一人者。裁判では今後について『家族とともに一緒に考えていきたい』と語っていたこともあり、母親の協力を得て、遠からず自身の店をオープンするのではないかとみられているんです」(飲食ビジネス関係者)

 その飲食業界からもラブコールが殺到しそうで、

「圧倒的知名度を誇る彼女なら、どう考えても大繁盛するのは間違いありません。先日、やり手で知られる飲食店プロデュース業の社長に会ったところ、沢尻母娘との業務提携を本気で狙っていると宣言していました」(飲食ビジネス関係者)

 ネット映画にAV、そして飲食業界へ──。引く手あまたの沢尻だが、その前にしっかりと過去を清算してミソギを済ませる必要がある。

 出版関係者が語る。

「エイベックスと良好な関係にある出版社が、沢尻が薬物遍歴やオトコ遍歴を赤裸々につづる衝撃的な『懺悔録』の刊行を企画しているようです。沢尻本人の意向しだいで、今年の夏前にも出版できるとみられている。世に出れば大ベストセラーは間違いありません」

 沢尻の暴露本計画の噂は芸能界にも届いている。

「今、沢尻に洗いざらいぶちまけられることを恐れている芸能人は数え切れないほどいますよ。さすがに『一緒にクスリをやった』とは書かないでしょうが、彼女から乱痴気騒ぎの様子をバラされたら致命的なイメージダウンになる。沢尻の元カレとして知られる某イケメン俳優の耳にも出版の話が入っていて、『勘弁してほしい‥‥』とボヤいていると聞きましたね」(テレビ関係者)

 2月6日に下された執行猶予付き温情判決は、さらなる地獄の幕開けか──。

アサ芸プラス

「沢尻エリカ」をもっと詳しく

「沢尻エリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ