『猿の惑星:聖戦記』第16回全米視覚効果協会でグランプリ受賞

2月16日(金)14時16分 映画ランドNEWS

第16回全米視覚効果協会(VES)アワードが現地時間2月13日にロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで開催され、映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が、グランプリでもある視覚効果賞を受賞した。



本作は5部門で7ノミネートされており、視覚効果賞の他にも、長編映画部門アニメーション・キャラクター賞、長編映画部門合成賞、長編映画部門エフェクト・シミュレーション賞と主要部門4つの賞も受賞。SF映画の金字塔シリーズ最終章として、圧巻の貫禄を見せつけた。


『アバター』『ロード・オブ・ザ・リング』でアカデミー賞を受賞したWETAデジタルがVFXを手掛けており、公開時から「史上最高のVFX作品だ」という声も数多く上がっていた。CGで作り上げられた猿たちと、生身の人間が共存し、対立する映像が高く評価された。


映画『猿の惑星:聖戦記』はデジタル配信中、ブルーレイ&DVDリリース中


©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「猿の惑星」をもっと詳しく

「猿の惑星」のニュース

「猿の惑星」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ