名画への愛溢れるオマージュ!綾瀬はるか『今夜、ロマンス劇場で』劇中劇のポスター解禁

2月16日(金)17時0分 映画ランドNEWS

大ヒット公開中の映画『今夜、ロマンス劇場で』より、劇中で綾瀬はるか演じるスクリーンの中のお姫様とお供のタヌキ役として出演している竹中直人の姿が収められたポスタービジュアルが到着した。



完全オリジナル作品である本作は、稲葉直人プロデューサーの10年越しの熱い想いによって実現。「映画館を舞台にした映画を作るのであれば、映画愛に溢れたものにしたい」という稲葉プロデューサーの映画への愛が込められており、劇中ではさりげなく過去の名画へのオマージュがちりばめられている。


映画に魅せられ映画監督を目指す健司と劇場館主の本多(柄本明)の関係性は『ニュー・シネマ・パラダイス』、映画の世界と現実の世界を繋ぐファンタジックな設定は『キートンの探偵学入門』『カイロの紫のバラ』、王女と身分違いの青年が恋に落ちるのは『ローマの休日』、落雷によって変化が起きる設定は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』からインスピレーションを得ている。


劇中に登場する劇画風ポスター画像に収められている映画のストーリーもまた、様々な映画のオマージュがちりばめられている。美雪の劇中劇『お転婆姫と三獣士』のモデルは『オズの魔法使い』『狸御殿』シリーズ。ポスター画像には、ティアラを頭につけた美しい美雪姫と、3匹のお供たちがおどけた表情で佇む姿が。美雪姫のお供役として登場する三匹の中のタヌキ役に竹中直人が扮している。





本作は、映画監督を夢見る青年・健司と、彼が長年憧れ続けたモノクロ映画の中から現れた姫・美雪の恋模様を描くロマンティック・ラブストーリー。美雪を綾瀬はるかが、健司を坂口健太郎がそれぞれ演じる。2人は過去に『海街diary』『高台家の人々』で同じ作品に出演するも共演シーンはなく、今作が初共演に。監督を『テルマエ・ロマエ』『のだめカンタービレ』シリーズで知られる武内英樹が務め、オリジナル脚本を『信長協奏曲』の宇山佳佑が手掛ける。


映画『今夜、ロマンス劇場で』は全国公開中


©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「綾瀬はるか」をもっと詳しく

「綾瀬はるか」のニュース

「綾瀬はるか」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ