メイド服を脱いで"ギャップ萌え"。メイドユニット「Rev:robe」はグラビアにも意欲的

2月16日(土)11時30分 週プレNEWS

(左から)あゆ、ナギ、はぐみ
(左から)あゆ、ナギ、はぐみ

300人以上のメイドを抱えるメイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」から、新たなユニット「Rev:robe(レブローブ)」が誕生し、17日は初となる対バンライブが行なわれる。

ユニット名は「レボリューション」(革命)と「ローブ」(洋服)を合わせた造語。「メイド服という、いつもの衣装を脱ぎ捨て、新たな一面を見せる」というコンセプトだ。メンバーはメイド歴4年半のナギ、2年のあゆ、約1年のはぐみ。

昨年オーディションが行なわれ、結成したのは今年1月。「オーディションの段階ではコンセプトも知らなかった」(あゆ)そう。「ちゃんとしたスタジオで収録するのは初めてだったので、準備の段階から緊張した」(はぐみ)というが、「まさに怒涛の一カ月」(ナギ)を経て、デビュー曲「Blue Mirage」が完成した。

彼女たちの魅力は"ギャップ"。「普段は萌え萌えでかわいいですけど、かっこいいがでてて、ライブしか見れないものがあると思います」(ナギ)と、ステージではクールな姿を披露。

一方で、「私の場合は天然がでちゃうのでMCや物販で『話すとめっちゃ優しい感じなんだな』とか『こんなに明るいんだ』と、いろんな部分が見えるんじゃないかな」(あゆ)と、店での接客だけでなく、ライブでもギャップが楽しめる。

クールではなく、普段の姿を見せる3人
クールではなく、普段の姿を見せる3人

6日に行なったお披露目会では平日にもかかわらず、100人以上の観客が来場したが、緊張を見せず堂々とパフォーマンスした3人に大きな喝采が。MCでも「MV撮影は寒くて寒くて......。よく見ると鳥肌が立っているので、よく見ないでください!」(あゆ)と笑いをとるなど、短い時間だったが観客を楽しませた。

17日の対バンだけでなく、すでに4月からの定期公演も決定しているRev:robe。3人に今後の目標を聞いた。

あゆ「私、男のコも観るようなロボットアニメとかも好きなので、アニメソングのオープニングを目指しています! それから先輩の『あっとせぶんてぃーん』も週プレさんでグラビアを披露していたので、ちょっと興味もあります。その時は痩せないとだけど(笑)」

ナギ「古城巡りがしたくて、だからカッコいい系の曲を出して、海外の古城でMVを撮りたいです。あとはハワイとか海外も興味があるので行きたい。憧れだけで言っちゃってますけど(笑)」

はぐみ「私はラジオ番組とかやってみたいし、メイドとかアイドルとか日本の素敵な文化だと思っているので、そういった海外のイベントやライブに出られればいいなって思ってます」

日本のカルチャーとして定着したメイド。彼女たちの可能性はまだまだ広がる。

取材・文/鯨井隆正

週プレNEWS

「メイド」をもっと詳しく

「メイド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ