『ミッション:インポッシブル』第7&8作、連続撮影を断念 ─ コロナ禍での遅延、トム・クルーズ『トップガン』続編の宣伝活動へ

2月16日(火)11時56分 THE RIVER

トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズミッション:インポッシブル』第7作・第8作(ともにタイトル未定)の連続撮影が、コロナ禍によるスケジュール変動の影響で断念されたことがわかった。米Deadlineが報じている。

『ミッション:インポッシブル』2部作は、撮影開始前より連続で実施されることが判明していた。2020年10月中旬より、順当に第7作から撮影を開始。ローマに始まり、その後はイギリス、ノルウェー、イタリアと撮影地を転々と移動して進められていた。途中、複数回に渡る撮影中断を経て、2021年に入ってからは、中東アラブ首長国連邦で撮影が実施されていたことが判明している。

報道によれば、第7作の撮影は終了間近だという。2021年2月15日(現地時間)時点でアラブでの撮影が無事終了し、今後は英ロンドンにて仕上げ作業に入るとのことだ。このまま撮影は第8作に進むと思われたが、コロナ禍によるスケジュールの遅延を受けて、製作の米パラマウント・ピクチャーズは連続での実施を断念したという。

今後、主演のトム・クルーズは、2021年7月に米公開が予定されている『トップガン マーヴェリック』のプロモーションに入る模様。同作の封切り後、『ミッション:インポッシブル』第8作の撮影が開始される見立てと伝えられている。もっとも、1つ大きく懸念される点は第8作の公開日だ。第7作・第8作は連続公開される予定で、それぞれ2021年11月、2022年11月に公開日が設定されている。連続撮影が断念された現状、第8作の公開日にどれほどの影響が及ぶのかは注視しておくべきだろう。

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年11月19日、第8作は2022年11月4日に米国公開予定(ともにタイトル未定)。

Source:Deadline

THE RIVER

「コロナ禍」をもっと詳しく

「コロナ禍」のニュース

「コロナ禍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ