「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

2月16日(日)20時50分 エンタメOVO

斎藤道三役の本木雅弘

写真を拡大

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで、「油売りから一代でのし上がった」と言われたかつてとは、評価が変わってきた人物でもある。そんな道三を演じるのは、「徳川慶喜」(98)以来、22年ぶりの大河ドラマ出演となる本木雅弘。新たな道三役に込めた思いや、役作りについて語ってくれた。



−斎藤道三の印象は?

 道三を描いた作品としては、司馬遼太郎さんの『国盗り物語』が有名ですが、新しい資料が見つかったことで、近年ではその頃と解釈も変わり、道三が一代で油売りから成り上がったのではなく、父親と親子2代で国盗りをしたというのが通説になっています。ということは、道三自身は武士の子として生まれ、戦のやり方など、武士としての素養を携えて育ち、一国の主になったわけです。当時の武士にとっては、戦をするのが仕事。大名組織を一つの大きな会社に例えるなら、道三は有能な経営者だったと言えるのではないでしょうか。大勢の兵を率いて、勝ちにいく…。それは、かなりの先見性と具体的な戦略を持っていなければできませんから。

−なるほど。

 そういう意味では、単なる「野心の塊」ではなく、革新的ともいえる現実主義者だったのかもしれません。明智光秀や織田信長を見いだす先見性があったわけで、基本的には人間に興味があったはず。それはすなわち、生きることにこだわりや愛情があったということです。だから、ただ単に「怖さ」、「得体の知れなさ」だけでなく、道三なりの人に対する独特な愛情表現があることをにおわせるようにしたいなと。(脚本の)池端(俊策)さんからは、「戦国の人たちは、もっと喜怒哀楽が豊かで、基本的によく泣いた。もっとみずみずしく、濃く生きていたはず」とも聞いていますし。

−池端さんは道三のことを「ケチ」と語っていますが、そのあたりはどんなふうに受け止めていますか。

 台本にも「ワシは得にならぬことはやらぬ」と、恥ずかしげもなく言い放つシーンがありますが、それはすごく大事なこと。一国の主として、何か大きな目標を達成しなければならない局面で、経済の問題は避けられない現実です。何かと虚飾することも威嚇効果を得る戦略の一つだったあの時代に、自らを飾り立てずに、堂々とケチでいる。実は信長以前に「楽市楽座」も始めていた。そういうことができるのは、もしかしたら商人のDNAを持つ道三の新しさだったのではないでしょうか。少なくとも、私利私欲のための銭稼ぎはしていなかったはずです。

−道三のようなアクの強いキャラクターを演じる感想は?

 とにかくヘビーですね(笑)。僕自身はもっと薄味の生き方をしているので、毎回、自分を奮い立たせなければいけませんから。すごみを見せるような場面でも、大声を出せばいいだけではなく、静かに声を押し殺したり、妙な間を作るなど、工夫するのに苦労しています。今後のお芝居でも、「脇目も振らずにおえつし、怒りと悲しみがない交ぜに…」といった場面もあり、道三は感情の吹き出し方も一筋縄ではいかないので困ります(笑)。

−難しさもありそうですね。

 ただ今回は、黒澤和子さんの衣装が見事なので、その力にだいぶ助けられています。高画質な4Kでの撮影ということもあり、素材感までよく見えるそうです。道三の羽織は紗がかかっており、その奥に柄ON柄の着物がレイヤーになっています。それが同時に、道三の読み解きにくい複雑な多面性を表現してくれている。ですから、そういうものも武器にして、やっていけたら…と。

−演じる上で心掛けていることは?

 今回は今までのようにストイックな方向で役をデザインするのではなく、多少、たがが外れてもいいかな…と思っています。ただそれは、「羽目を外す」ということではなく、ボウリングに例えるなら「ガターが出てもいい。それも味だ、というふうに見ていく」という感じです。

−というと?

 先日、池端さんとお話をしたとき、「当時の人たちは、究極の選択が訪れたとき、最後の最後はやっぱり感情で動くはず」と言われたんです。それがかなり衝撃的でした。あんなに相手の裏をかいて駆け引きをするような者たちであれば、できるだけ感情を排して考え進めていくのでは…と思っていたので。ただ、それを聞いて「そうか!」とも思いました。例えば、普段であれば「ポーンと上げちゃうお芝居は恥ずかしい!」と思うようなところでも、「抑制し過ぎずに、ポーンと出てみるか」というようなトライをしていこうと。そんなことを心掛けています。

−光秀役の長谷川博己さんの印象は?

 長谷川さんとは数年前、他局のテレビドラマでご一緒したことがあります。「爽やかで、素直で、一見自分をあまり主張しない人。でも、うっすらと自信も漂っている…」という不思議な印象を受けました。今回の光秀は、道三や帰蝶(川口春奈)など、さまざまな人物から言われ放題という役回りで、基本的にはほとんど受け身の演技です。でも、見ていると、その奥にものすごい許容量があるように感じ、観察したものの良し悪しを見極め、みるみる判断力を高めていっているように映ります。その姿が、とても長谷川さん的で、かつ光秀的な印象です。池端さんも、長谷川さんを評して、誠実さの奥に殺気立つものを感じるとおっしゃっていたので、お墨付きの光秀役です。

−現場で長谷川さんとお芝居をしてみた手応えは?

 撮影で会うたび、長谷川さんの中で光秀がむくむくと育っている印象を受けます。滑舌がよく、理知的な声の響きがとても魅力的です。今後も、あらゆるものを吸収して、どんどん拡大していくのだろうな…と。大きく期待しています。自分も役者として長谷川さんを刺激していけたらという思いで、負けずに、道三なりの変化球をぶつけていきたいと思います。

(取材・文/井上健一)

エンタメOVO

「斎藤道三」をもっと詳しく

「斎藤道三」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ