『ドラゴンボール超』第128話「気高い誇り最後まで!ベジータ散る!!」より、あらすじ&先行カットが到着! 朦朧とした意識の中、ベジータはブルマの声を聴く

2月17日(土)10時0分 アニメイトタイムズ

毎週日曜朝9時00分からフジテレビ系列にて好評放映中のテレビアニメ『ドラゴンボール超』。第7宇宙を代表する10名の戦士がチームとなって「力の大会」に臨む“宇宙サバイバル編”も、いよいよクライマックスに突入です! そんな本作128話「気高い誇り最後まで!ベジータ散る!!」より、あらすじ&先行カットが到着しました!

ジレン(声:花輪英司)に突き飛ばされ、あわや武舞台の外へ落下しそうになるも、瓦礫に引っかかり宙吊りとなるベジータ(声:堀川りょう)。朦朧とした意識の中でベジータはブルマ(声:鶴ひろみ)の声を聴きます。

※2月18日放送予定の第128話にはご生前の鶴ひろみさんが演じたブルマが登場します。第128話「気高い誇り最後まで!ベジータ散る!!」
辛うじて立っているベジータ(声:堀川りょう)。もう超サイヤ人に変異することもできない。しかし、その心だけは決して折れない。減らず口をたたき、ジレン(声:花輪英司)に突進していくベジータ。その攻撃は簡単にガードされ、逆にカウンターを浴びてしまう。それでも愚直に前に出続ける。クリリン(声:田中真弓)たちも悲痛な表情で見守る。何度も殴られ、突き飛ばされたベジータは、あわや武舞台の外へ落下しそうになるも、瓦礫に引っかかり宙吊りとなる。朦朧とした意識の中でベジータはブルマ(声:鶴ひろみ)の声を聴く…。


【第128話メインスタッフ】
脚本:吉高寿男
絵コンテ:山室直儀
演出:佐藤雅教
作画監督:袴田裕二/石川修
美術:杦浦正一郎/斉藤信二
総作画監督:辻美也子

アニメイトタイムズ

「ドラゴンボール」をもっと詳しく

「ドラゴンボール」のニュース

BIGLOBE
トップへ