鈴木伸之、バレンタインのチョコは「500個か1000個」…お返しは“キス顔投稿”?

2月17日(土)12時33分 シネマカフェ

鈴木伸之/「ブリリア ショートショートシアター オンライン」開設記念イベント

写真を拡大

劇団EXILEの鈴木伸之が2月16日(金)、都内にて開催されたWEBサービス「ブリリア ショートショートシアター オンライン(BSSTO)」開設記念イベントに出演し、バレンタインデーにファンからもらったチョコレートの数や、中学生時代の恋人とのデートエピソードを明かした。

2月14日(水)からスタートしたBSSTOは、「日常を豊かにする映画体験」をコンセプトに、世界のショートフィルムを無料で配信するWEBサービス。ショートフィルム配信のほか、「シネマティックなライフスタイル」を共通テーマにしたオリジナルの記事コンテンツも展開する。

イベントには、映画コメンテーターのLiLiCo、ショートショート フィルム フェスティバル&アジア代表で俳優の別所哲也も出演。


■別所哲也、鈴木伸之に「大きくなったね!」
BSSTOがブランドを引き継ぐ形となったショートフィルム専門映画館「ブリリア ショートショート シアター」(横浜みなとらい)は約10年間に渡って運営され、その間、別所さんとLiLiCoさんはバレンタインデーにトークイベントを行ってきたそう。この日のイベントでは、そんな2人が鈴木さんを迎える形で進行した。別所さんは、鈴木さんに、「10年前、何をしていました?」と質問。鈴木さんが「10年前は15歳なので、まだ公園で木に登っていたかもしれません(笑)」と笑顔を見せると、別所さんは思わず「大きくなったね!」と父親目線で口にしていた。


トークでは、そんな鈴木さんに、別所さんとLiLiCoさんからMCを交えて、様々な質問が投げかけられた。

鈴木さんは、影響を受けた映画の話題では、『GO』(2001年/日本/監督:行定勲/出演:窪塚洋介柴咲コウ他)をあげた。「窪塚さんと柴咲さんの2人が白線の上を歩くシーンが出てくるのですが、それがめちゃくちゃ素敵で。僕も映画を観終わったあとに白線の上を歩いてみたり」と思い出を語った。

■バレンタインチョコは1000個! お返しはキス顔?
バレンタインデーの話題では、鈴木さんは「この間、写真集を出させていただいたのですが、東京、大阪、名古屋でお渡し会をやらせていただきました。ちょうどバレンタインが近かったので、たくさんチョコを頂きました。500個か1000個くらいは頂きました」と明かし、「嬉しいですね」とファンに感謝。


ホワイトデーのお返しについては、鈴木さんは、「SNSなどがすごく流行っていますので、そういうところで、お返しといいますか、何かメッセージを発信できたらいいなと考えています」と回答。LiLiCoさんはすかさず、「キス顔をアップしてください!」とリクエスト。LiLiCoさんが会場に詰めかけた女性ファンに向かって「欲しいでしょ? みんな? ねえ、1個チョコレートを買うのも大変よ」と呼びかけると、会場からは大きな拍手が。鈴木さんは大照れの様子だったが、「せっかく頂いたので何か発信していきたいと思います」とファンへのお返しを約束した。

さらに、鈴木さんが映画デートの思い出を告白するひと幕があった。鈴木さんは「中学校のときとかは、当時付き合っていた子と、『恋空』(2007年/日本/監督:今井夏木/出演:新垣結衣、三浦春馬他)がちょうどやっていたので」と語り始め、「当時付き合っていた彼女が大号泣していました」とも。LiLiCoさんは「実は今日、その彼女が(会場に来ています!)」と叫び、「…うそです」と続けて笑いを誘っていた。

シネマカフェ

「バレンタイン」をもっと詳しく

「バレンタイン」のニュース

BIGLOBE
トップへ