BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

遠藤憲一の妻明かした下積み時代、「結婚後悔したことも…」

女性自身2月17日(金)6時0分
画像:女性自身[光文社女性週刊誌]
写真を拡大
女性自身[光文社女性週刊誌]

「今は職業欄に、あまり抵抗なく『俳優』と書いていますが、書くのが恥ずかしい時期もあったし、若いころは『自由業』と書いたこともありました。『俳優』と書くだけの自信が、まだなくて。そのころは風呂なし共同便所の、4畳半の安アパートに住んで、もがいていましたね」


そう語るのは、俳優の遠藤憲一さん(55)。映画やテレビドラマで大活躍の6人の名脇役。遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研(=五十音順)が「本人役」で出演している連続テレビドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』(テレビ東京・金曜深夜0時12分〜)が「おもしろすぎる!」「おじさんたち、かわいい!」と視聴者の間で大きな反響を呼んでいる--。


遠藤さんは’61年6月生まれで、東京都出身。高校を中退後劇団に入り、’83年、連続テレビドラマ『壬生の恋歌』(NHK)でデビュー。その後、映画、テレビドラマ、CMなど幅広く活躍。また、ドキュメンタリー番組やCMのナレーターとしても活躍している。私生活では、’90年に、元タレントで、現在所属事務所の代表兼マナージャーを務める昌子さん(56)と結婚した。


遠藤憲一(以下=憲一)「女房との出会いは25歳のとき。かつて所属していた劇団時代の知り合いが自主公演をやることになって、脚本と演出を任されました。その芝居に看護師役があって『こういうコがいるけど』と紹介されたのが女房です。それがきっかけで4年間付き合って、29歳で結婚しましたが、結婚しようと思ったのは本当に突然でした。付き合い始めてしばらくは『結婚』が頭にありましたけど、時間とともにその思いがだんだんと薄れていって。『もう結婚はないのかな……』と思っていたときに、彼女と映画を見に行った。ボクサーが主人公の『どついたるねん』という、結婚とはまったく関係ない映画でしたが。その帰りに居酒屋に寄って、その場で突然『結婚しちゃおう』と思って、彼女に『結婚する!』と宣言したんです」


「あのとき、なぜ突然結婚しようと思ったのか、いまだによくわからないですね(笑)」と話す遠藤さん。「俳優」としてのターニングポイントは、’07年に個人事務所を立ち上げたことだった。


憲一「その数年前に、21歳のときからお世話になっていた事務所の社長に、高齢と病気を理由に『事務所は私一代でおしまい』と言われて。自分のことをいちばん知っているのは女房だし、うちは子どももいないので『マネージャーをやってくれないか』と言ったら、『絶対いや!』と。それでもお願いにお願いを重ねて、3年目にやっと『OK』をもらいました。そのとき彼女が言ったのは『これからは、私のやりたいようにやらせてもらいます』。だから、独立してからは自分の意見はほとんど通らない。女房に乗っかってここまできたという感じです(笑)」


遠藤昌子(以下=昌子)「事務所を立ち上げて最初にいただいた大きな仕事はNHK『風の果て』(’07年)という連続ドラマでした。それを見て『相当芝居ができる人だ』と見直して(笑)。これだけの表現ができるのに、これまでいただいてきたような役では見る人が限られている。もう少しいろんな人たちに見てもらえる役をやらせてあげたいと思いました。それまでは東映のVシネマやヤクザものが多くて、本人はやりがいを感じていたようですけど、私としては、たとえワンシーンの出演でも、見た方に『おっ、こんな役でもできるんだな』と思ってもらおうよと。同時にどんどんテレビに移行していきました。最初はずいぶん衝突しましたけれど『この前の役よかったよ。次はこの役でどう?』と言ってくださる方が増えてきて、役柄も広がっていきました。それからですね、私の言うことを素直に聞いてくれるようになったのは(笑)」


憲一「結婚して今年で27年になりますけど、女房は自分のことを『手間のかかる甥っ子』だと言うんです。『夫や息子と思えば腹が立つけど、甥っ子と思えばさほど腹は立たない』と言って(笑)。女房と自分をつないでいるのは、ある部分で信頼し合っているからだと思います。そういう意味では、おいそれとめぐり合えない間柄、自分にとって、彼女はそうはめぐり合えない人。ある種、奇跡の出会いでした。女房はどう思っているかわかりませんけど(笑)」


昌子「昔は、飲みに行って三日三晩音信不通になったこともあって『結婚相手を間違えたかな』と思ったこともありました。また、私に干渉したり、依存度が高かったら『もう私の手に負えない』という気分になったかもしれないですけど、ここまでやってこれたのは、2人の間にある程度の距離感があるからじゃないかな、と。こういう関係でいられる人はなかなかいないと思うし、相性というか『縁があって出会った人かな』という気がします」

Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「遠藤憲一の妻明かした下積み時代、「結婚後悔したことも…」」の関連ニュース

注目ニュース
ハリウッド俳優・渡辺謙の“不倫”が発覚 文春オンライン3月29日(水)16時0分
2月18日、美女と手をつないでNYの街を闊歩する渡辺。撮影中かと思うほどスマートだ©文藝春秋映画「ラストサムライ」「硫黄島からの手紙」など…[ 記事全文 ]
小林麻央、血液検査の結果に落ち込み「思っていたより悪かった」 RBB TODAY3月29日(水)14時56分
がん闘病中の小林麻央が29日、自身のブログを更新。血液検査の結果が芳しくなかった旨をつづっている。[ 記事全文 ]
浅田舞、また真央との確執話 「いい加減そのネタで稼ぐのやめたら」 J-CASTニュース3月27日(月)19時27分
元フィギュアスケート選手でスポーツキャスターの浅田舞さん(28)が、母・匡子さん(故人)に言われた強烈な一言が原因で、一時期家族と距離を置…[ 記事全文 ]
明石家さんま、「キャディーの命よりバーディー優先」の冷酷素顔に視聴者が幻滅 アサ芸プラス3月29日(水)5時59分
3月20日に放送されたバラエティ番組「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、明石家さんまの衝撃エピソードが明かされ、好感度がただ下がりとなっ…[ 記事全文 ]
「無失点は奇跡に近い」 大勝ハリルジャパン、実はガタガタだった J-CASTニュース3月29日(水)15時14分
4対0でワールドカップ(W杯)最終予選のタイ戦に勝利したサッカー日本代表。スコアは大差がついたが、シュート数はタイの方が多く、見る人が見れ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 浅田舞、また真央との確執話 「いい加減そのネタで稼ぐのやめたら」J-CASTニュース3月27日(月)19時27分
2 明石家さんま、「キャディーの命よりバーディー優先」の冷酷素顔に視聴者が幻滅アサ芸プラス3月29日(水)5時59分
3 芸人食いの「大河女優」濱松恵がスゴすぎる!狩野英孝→川崎麻世→エグスプロージョン→東京03「エロLINE売却」messy3月28日(火)18時0分
4 道重さゆみに握りこぶし!キムタク、さんまの「1日付き人」であっさりボロが…アサ芸プラス3月28日(火)9時59分
5 松田龍平 セリフ覚えず現場に…大泉洋“キレた”厳戒ロケ現場女性自身3月29日(水)6時0分
6 ハリウッド俳優・渡辺謙の“不倫”が発覚文春オンライン3月29日(水)16時0分
7 小林麻央、血液検査の結果に落ち込み「思っていたより悪かった」RBB TODAY3月29日(水)14時56分
8 カトパン、女子アナ目指したのは「彼氏のため」ナリナリドットコム3月29日(水)6時34分
9 渡瀬恒彦“遺作ドラマ”に「現実とダブって涙が止まらない」と視聴者が涙アサ芸プラス3月29日(水)5時59分
10 はじめしゃちょー動画、また「炎上」 新品特殊ゴルフクラブを真っ二つJ-CASTニュース3月28日(火)16時46分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア