Hカップ美少女・RaMu、おっぱいマッサージに絶叫! 深夜の神企画にファン大盛り上がり

2月17日(金)17時10分 メンズサイゾー

 「低身長×爆乳×美少女」というスペックで人気上昇中のグラビアタレント・RaMu(ラム/19)が、テレビで刺激的な姿を見せてファンを喜ばせた。


 16日深夜放送のバラエティ『#ハイ_ポール』に出演したRaMu。Hカップバストを持つ彼女は以前から肩こりに悩んでいるそうで、今回はそれを解消するための企画が実施された。


 スタジオには、「おっぱい番長」と呼ばれる整体師の朝井麗華先生が登場。朝井先生によると、「おっぱいが大きい子は人の何倍も肩こりがひどい」とのことで、これを聞いたRaMuは、なぜか「そうでしょ!」とガッツポーズ。朝井先生に肩を触られて「すごいこってる」と診断されると、ふたたび満面の笑顔に。肩こり認定を受けたことがよほど嬉しかったようだ。


 とはいえ、肩こりはツラいようで、さっそく朝井先生の指導のもと、胸の付近にあるリンパを刺激し始めるRaMu。自分の指を使っているにもかかわらず、あまりの痛みにRaMuは「うぎゃー!」と絶叫してしまうことに。すると、ネット上の男性視聴者からも興奮の声が続出。豊満なバストを親指でムニムニと押す様子が、「エロすぎる」というのだ。


 さらに、朝井先生が後ろからムギュっとRaMuの胸をつかむと、「なんというお宝映像だ!」「RaMuのおっぱい、ボリュームありすぎ」「マジで神企画」などとファンは大盛り上がり。このときRaMuは「(掲示板サイトに)スレッドが立っちゃうよ〜」と叫んでいたが、まさにそのとおりとなった。


 番組後半の短いコーナーだったが、ネットをざわつかせた今回の企画。カメラの前で美少女のHカップバストが揉まれれば、男性視聴者のテンションが上がるのも納得だ。だが、放送前からファンの期待は高まっていたようだ。というのも、実はRaMuが「おっぱいマッサージ」を受けたのは初めてではなく、昨年11月の回で「垂れ乳予防」のマッサージを伝授してもらっていたのだ。


 加齢とともに胸のカタチが崩れることを心配したRaMuが、バストアップ効果があるというマッサージを受ける姿はセクシーすぎると話題に。それを覚えていたファンは多く、今回の放送にRaMuが登場すると知った時点で録画予約を開始した人もいたようだ。


 先月には売れっ子グラドルの登竜門といえる初の「マンガ誌表紙」を飾るなど、グラビア界で注目を集めるRaMu。今のところネット人気が先行しているカタチだが、たびたび深夜番組で話題を集める彼女は、本格ブレイクの第一段階に入ったといえるのかもしれない。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

美少女をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ