BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

<AKB48小嶋陽菜インタビュー>原宿界隈を“こじはる色”に染める!卒業コンサートの見どころは

モデルプレス2月17日(金)7時0分
画像:インタビューに応じた小嶋陽菜(C)モデルプレス
写真を拡大
インタビューに応じた小嶋陽菜(C)モデルプレス
【小嶋陽菜/モデルプレス=2月16日】東京・ラフォーレ原宿に9日、期間限定のポップアップショップ「22;market」(トゥエンティツー;マーケット)をオープンしたAKB48の小嶋陽菜。22日には東京・原宿の国立代々木競技場第一体育館で開催される自身の卒業コンサートも控え、原宿駅ではポスタージャックも行われている。まさに“こじまつり”状態の原宿で8日、モデルプレスは小嶋に同ショップへのこだわりや反響を聞いたほか、卒業コンサートを楽しむポイントについてインタビューを行った。

◆「22;market」はにゃんにゃんの拘りがたっぷり

小嶋の愛称の“にゃんにゃん=22”に、区切りや始まりなどを意味する“;”マークを間に付けたネーミングの「22;market」。現在、大阪・阪急うめだ本店3階(〜19日)、東京・ラフォーレ原宿1階(〜24日)、名古屋・名古屋パルコ西館1階(〜28日)で展開中。

「男女楽しめるように一生懸命作った」と、小嶋が取り扱うグッズを一からプロデュースし、店舗の施工作業にも携わった。ショップでは、Tシャツやスウェット、キャップなどのアパレルグッズ、小物、男性用のボクサーパンツなどを販売し、あらゆる層が楽しめるショップで話題をよんでいる。

—「22;market」をオープンしたいと思ったきっかけは?

小嶋:代々木体育館で卒業コンサートをしますと発表したのが昨年の10月で、その時に原宿で何かをしたいなと思ったんです。ファッションの仕事をずっとやってきたので、ポップアップやろう!って思い立って。いろんな人を巻き込んで協力してもらったので、お店が誕生した時には感謝しかなかったです。

−卒業コンサートも原宿界隈ですが、今回のショップも原宿ということで。

小嶋:もともと、原宿駅にAKB48のメンバー募集のポスターが貼ってあったのを見てオーディションに応募したので、原宿にはゆかりがあるんです。ファンの方がみんなで楽しめるイベントを、原宿を巻き込んでやりたいなって思いました!

−販売しているグッズも一からプロデュースされたんですよね。

小嶋:すごく拘って作っています。例えば今回のグッズにもあるスウェットだと、ボディとかを自分の家に送ってもらって、家はボディの山になってしまって(笑)全部自分で試しに着てみて、“これ気に入ったのに国内は在庫がないー…”とか苦戦しながら作ったので、拘りがつまっていますね。

—すでにオープンした大阪店の反響はいかがでしたか?

小嶋:大阪のオープン日はお仕事で行けなかったんですけど、沢山の方が並んでくださってすごく嬉しかったです!メンバーも、アカリン(NMB48の吉田朱里)が来てくれて、グッズをSNSで丁寧に説明してくれました。他のメンバーからもいっぱい連絡がきて『あれがほしいです!』とか言ってくれたり。女の子がお店を見に来てくれるのはやっぱり嬉しいです!

—なるほど。そしていよいよ卒業コンサート“こじまつり”が迫ってきましたね。

小嶋:いろんなことを同時進行でやっていたので、当日の実感があまり沸かなくて…。

—コンサートの内容はどんな感じになりそうですか?

小嶋:ファンの方が楽しんでいただけるようなセットリストを考えたので、それを披露するのがすごく楽しみです。卒業メンバーとも昨年末に(グッズの)Tシャツの撮影のときに会ったんですけど『なんでも協力するよ!』って言ってくれてすごく心強い。

—小嶋さんが企画しているという卒コンのポイントをこっそり教えてください!

小嶋:自分の好きな世界観でショーみたいなのをやりたいなって。でも全部ショーだとファンの人引いちゃうんで…(笑)

—(笑)なんか、“かわいい子選抜”があると伺いましたが…

小嶋:そのショーではかわいい子をズラッと並べます!

—選抜は独断と偏見で決めたんですか?

小嶋:マネージャーさん達がこの子かわいいですよ〜っておすすめしてくれた子も参考にしてみました。

—小嶋さんがかわいいと思う子も?

小嶋:もちろん入っています!(笑)

—楽しみにしています。では最後に、毎回聞いていて大変恐縮ですが、夢をかなえる…(※モデルプレス定番の質問)

小嶋:出た!!!!!(笑)出ましたね—!これはいつまで続いていくんですか、もう5年くらい聞いてもらってますけど(笑)

—(笑)大変申し訳ございません。夢を叶える秘訣を改めてお願い致します!

小嶋:今回このお店を作って、人との出会いが大事だなと思ったんです。お店も沢山の人に支えてもらって、データやイラストを作ってもらったりとか、大工さんとか刺繍屋さんとか本当に一つひとつの作業をお友達にお願いしました。だから自分もこの人と一緒にいたら楽しくて必要だな〜と思われる人になりたいなって。そしたらいろんな人がまわりにいてくれるから、みんなが一緒にいたいと思える人であることが夢を叶える秘訣だなって思います!

−ありがとうございました!

小嶋:ありがとうございます!

◆大反響の「22;market」

「22;market」東京・ラフォーレ原宿店のオープン日、訪れた客の列が長く伸びるなど大成功となった小嶋のポップアップショップ。

記者がオープン数日後の夜に足を運んだ際、列がなかったため疑問に感じつつも入店したところ、列ができていなかったのはその日の販売分のグッズがすでに完売していたためだった。

小嶋がこれまで培ったセンスと人脈を発揮して誕生した“22;market”。代々木体育館でのビッグイベントを目前とした小嶋だが、ショップの成功で原宿界隈はまさに“こじまつり”となっている。(modelpress編集部)
Copyright 2017 モデルプレス All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

関連ワード

「こじはる」をもっと詳しく

注目ニュース
小林麻央、輸血や痛み止めで「息苦しさ軽減」 ナリナリドットコム4月24日(月)20時26分
がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34歳)が4月24日、公式ブログを更新し、再入院後の体調について報告している。[ 記事全文 ]
泰葉ブログで告白、小朝から「20年にわたり虐待」 日刊スポーツ4月24日(月)11時49分
歌手でタレントの泰葉(56)が24日、ブログを更新し、元夫で2007年(平19)離婚した春風亭小朝(62)から、20年にわたって虐待を受け…[ 記事全文 ]
稲村亜美“160キロ”の豪速球シャドウピッチ ナリナリドットコム4月24日(月)15時11分
タレントの稲村亜美(21歳)が4月24日、埼玉県秩父市で行われた「西武秩父駅前温泉祭の湯」の開業式典に出席。[ 記事全文 ]
桐谷美玲「人は見た目が100パーセント」大爆死で“ゲゲゲの屈辱”再び!? アサ芸プラス4月24日(月)10時45分
4月20日に放送された桐谷美玲主演のテレビドラマ「人は見た目が100パーセント」(フジテレビ系)第2話の視聴率が、6.4%だったことがわか…[ 記事全文 ]
小林麻央のため海老蔵が進める「思い出の家」愛妻リフォーム 女性自身4月25日(火)0時0分
《貧血が改善したので、次は、身体の中の炎症を抑える。ひとつひとつクリアしていこう!》4月24日、自身のブログにそうつづったのは小林麻央(3…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア