三代目J今市と岩田 Xmasに3日連続で焼き肉デートしたことも

2月17日(火)7時0分 NEWSポストセブン

三代目Jの今市隆二は圧接工として働いていたガテン系

写真を拡大

 最新アルバム『PLANET SEVEN』が発売初週で50万枚を超えるセールスを記録した三代目J Soul Brothers。昨年末、『R.Y.U.S.E.I.』で日本レコード大賞にも輝き、今年はデビュー以来の“夢”だったという単独ドームツアーも春に予定されていて、勢いは止まらない。


 ツインボーカルのひとり、今市隆二(28才)は、もともとは圧接工として働いていたガテン系。当時、持っていた資格は手動ガス圧接技量資格者3種など。元ヤン説も浮上するほど強面の今市だが、実はお化け屋敷が苦手だという。


 EXILEATSUSHI(34才)に憧れて歌手を目指し、TAKAHIRO(30才)が合格したEXILEの新ボーカルを決めるオーディションを受けるも、残念ながら落選。しかし、その挫折が彼の夢への思いを本気にさせ、その後、今市は三代目のボーカリストを決めるオーディションで見事合格した。


 また世界進出という野望も持っていて、今後は英語に取り組んでいくという。かつてクリスマスイブ、クリスマス当日、そして翌日と3日連続で岩田剛典(25才)と焼き肉デートをしたことも。そんな岩田は、「がんちゃん」の愛称で親しまれ、今メンバーで1、2を争う人気を誇り、メンバーで唯一、ソロ写真集を出すほどだ。


 昨年、ドラマ『ディア・シスター』(フジテレビ系)で、女優・石原さとみ(28才)の恋人役を好演して大ブレーク! 役者に挑戦した理由を「スーパースターになりたいから」とも語っている。


 実は有名企業の御曹司で、中学から慶應に通う“慶應ボーイ”。大学生のときには「ミスター慶應」の最終候補者にも選ばれるなど、学生のころから“王子様”だったようだ。大学卒業前は一般企業への就職が内定していたが、夢を選び芸能界へ。でもデビュー後は“慶應出身”がコンプレックスになったという。


 ファーストキスは中2のときだが、当時、交際していた彼女とキスしようと漫画喫茶に入店したものの、なかなかキスするタイミングがつかめず、まさかの“時間延長”を。結局、キスまでに2時間かかったんだとか。


 最近、ハマっている漫画は『キングダム』で、全巻を一気読みしたそうだ。


※女性セブン2015年2月26日号

NEWSポストセブン

「デート」をもっと詳しく

「デート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ