BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

アニメの歴史 1960年代手塚アニメは人手が足りず主婦が彩色

NEWSポストセブン2月17日(金)16時0分
画像:子どもたちを夢中にさせたアニメの裏側
写真を拡大
子どもたちを夢中にさせたアニメの裏側

『ウルトラマン』が放映された1960年代は、飛行シーンやミニチュア化された街並みの完成度など、特撮ドラマにおける映像技術のピークを迎えた時期だった。その一方、最高視聴率40%を記録した『鉄腕アトム』(1963年)を皮切りに、『エイトマン』(1963年)や『サイボーグ009』(1968年)など、後のテレビアニメに大きな影響を与えた作品の放映が次々始まる「アニメの第1次ブーム」でもあった。


 その黎明期を支えた人物のひとりが、手塚治虫氏の専属アシスタント第1号として知られる笹川ひろし氏だ。笹川氏が語る。


「私が監督した『宇宙エース』(1965年)はその中でも初期にあたる作品です。当時は人手が足りず知り合いの主婦に彩色を頼んだほどでした。


 モノクロ作品とはいえ5色の絵の具を使うので、絵の具と塗る場所にそれぞれ番号を振って、それに合わせて塗ってもらっていました。私も漫画家になりたくて上京したのですが、自分の描いた絵に動きや音楽がつくのが楽しかった。『もう雑誌漫画はなくなる』『アニメの時代が来る』と確信したのもこの時期です」


 手塚をはじめとしたアニメーターが様々な表現方法を次々に確立していくなか、アニメはさらなる進化を遂げた。通常30分の枠で使用されるセル画は4000枚ほどだが、『科学忍者隊ガッチャマン』(1972年)に至っては複雑なキャラクターの造形やメカニックを描き込むため1万枚も使用されることがあったという。


 かつては単なる勧善懲悪に終始していたストーリーも、時代を映し出す内容へと変化していく。『科学忍者隊ガッチャマン』は、戦争や公害といった社会的な問題をテーマに据えた重厚なドラマを描き出すことで、それまでほとんど子供のみだったアニメのファン層を大人にまで広げた。


 同作の紅一点・白鳥のジュンの声を担当した声優・杉山佳寿子氏が語る。


「それまで特撮やアニメの女性は男性兵士を送り出す役割がほとんど。ジュンは男性メンバーと一緒に敵と戦う。当時、女性の権利向上が叫ばれていたことが背景にあったと思います」


 弱きを助け、頑なに正義を貫いたテレビヒーローに胸ときめかせた昭和という時代。そこには、先の見えない現代を力強く生き抜くヒントが隠されているのかもしれない。


■取材・文/小野雅彦


※週刊ポスト2017年2月24日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「アニメ」「歴史」「主婦」「ウルトラマン」の関連トピックス

「アニメの歴史 1960年代手塚アニメは人手が足りず主婦が彩色」の関連ニュース

注目ニュース
川崎希、夫の不倫に激怒 アレクは言い訳「誤解解くからちょっと待ってて」 オリコン3月24日(金)12時7分
元AKB48でタレントの川崎希(29)が24日、自身のブログを更新し、この日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)で不倫が報じられた夫…[ 記事全文 ]
鈴木奈々、“号泣ショット”披露に「あざとすぎる!」と批判の声 “ケンカ後に燃える”に「もう飽きた」 おたぽる3月24日(金)9時0分
20日、タレントの鈴木奈々が自身のインスタグラムに、「朝から号泣号泣後の顔です。ブスです。」と、目が涙で潤んだ自撮り画像をアップ。[ 記事全文 ]
爆笑問題・太田光の「WBC打ち切れ」発言に大ブーイング アサ芸プラス3月23日(木)17時59分
なぜ、言う必要があるのか?現在開催中のWBCで無敗で決勝トーナメントに駒を進めた侍ジャパン。[ 記事全文 ]
平野ノラが“Superfly”のよう DJ KOOと並ぶ“EZ DO DANCE”ショット Techinsight3月24日(金)12時30分
平野ノラがDJKOOとのツーショットをInstagramに公開した。いつものバブリースタイルから一変、知らなければ彼女とは思えない姿が「S…[ 記事全文 ]
成宮寛貴さんが「相棒」最終回に登場、ファン感涙… 日刊スポーツ3月23日(木)12時53分
22日に放送されたテレビ朝日系人気ドラマ「相棒season15」の最終回で、昨年12月に突然芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴さんの出演シー…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア