BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

イモトアヤコ 初彼氏は中2、後藤真希に敗北など過去の伝説

NEWSポストセブン2月17日(金)7時0分
画像:モー娘。のオーディションを受験していた!?
写真を拡大
モー娘。のオーディションを受験していた!?

 1.5cmの太眉にセーラー服という珍妙な格好の女性が、インドネシアの大地を爆走する。真後ろから追いかけてくるのは、牛や羊を丸呑みする地上最大の爬虫類、コモドドラゴン──。


 2007年、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の「珍獣ハンター」として鮮烈デビューを飾ったイモトアヤコ(31才)は今年2月、番組10周年の節目に「ロケ地100か国」を達成した。


 巨大ワニを食べ、グリズリーに襲われ、マッキンリーに登頂したイモトの存在あってこそだろう。『イッテQ!』は高視聴率を連発するお化け番組に成長。これまでのロケを振り返った2週連続の特番(2月5日、12日放送)は、それぞれ平均視聴率22.5%、22.2%を記録。テレビ離れが叫ばれて久しいこのご時世に、20%の大台を連続で超える快挙を成し遂げた。


 NHKの朝ドラすら後塵を拝す“視聴率女王イモト”は、ともすればインパクトの強すぎるその外見ばかりに目がいってしまう。本誌・女性セブンがイモトの素顔をひもといてみたところ、仰天。このかた、テレビの外でも数多の伝説を持っていた。


◆自分は鳥取の安室奈美恵


 イモトは1986年、鳥取県伯耆町で生まれた。父は公務員、母は保育士、妹が1人。乳牛の飼育が盛んな山間の町で、イモトは男子顔負けの活発な幼少期を過ごしていた。


「秘密基地を作ったり、ターザンごっこをしたり、山や川を駆け回っていました。小学校に上がると周囲の女の子はみんなセーラームーンに夢中でしたが、彼女はミニ四駆の車体改造に全力を注ぐという(笑い)。でも女の子らしいミーハーな部分がないかというとそうでもなくて、人気アイドルの話には熱くなる一面もありました」(当時の同級生)


 当時のイモトにとって、憧れの存在は安室奈美恵(39才)であり、SPEEDだった。とりわけ安室愛は並々ならぬものがあり、妄想癖の強かったイモトは、「自分は鳥取の安室奈美恵だ」と信じこんで生活していたことを自著で明かしている。



◆鳥取6位の陸上部エース


 地元の公立中学に上がり、陸上部に入ったイモトは、幼少期の野生体験で培った足腰の強さを遺憾なく発揮。100mを13秒台で走り、県大会で6位に入ったこともある。


「生徒会の副会長も務めていて、意外にモテたんです。中2の時に初めて彼氏ができて、毎日一緒に帰っていました。彼は野球部で、背の高いイケメン。でも中学生ですからデートらしいデートもせず、すぐに終わっていました」(別の同級生)


 実はこの頃、イモトは大きな挫折を味わっていたという。


「『モーニング娘。』のオーディションを受けているんです。書類選考で落ちたんですが、そのときに合格したのが後藤真希さん。テレビでゴマキを見て、“アタシも金髪にしてれば受かってたよ!”ってボヤいてたっけ(笑い)。当時から漠然と、テレビに出る仕事がしたいという気持ちはあったみたいです」(前出・同級生)


◆ミスコンでグランプリ


 鳥取県内の進学校、米子西高校へ進学したイモトはハンドボール部のキャプテンとして活躍しつつ、文化祭では氣志團のモノマネで学友を笑わせる人気者だった。


「その文化祭でミスコンのグランプリに輝いています。男女比5対40という女子校ノリの学校だったので、同性人気の高いイモトがぶっちぎった形でした」(前出・別の同級生)


 教室内で女子が平然と脇毛を剃る環境の中、イモトのお笑いキャラは徐々に確立されていった。


「授業中に誰かがイモト向けのカンペを出すんです。“安室のモノマネ”とか、“聖子のモノマネ”とか。先生が後ろを向いた瞬間に彼女がそれをやるので、クラスメートは笑いをこらえるのに必死。イモトのおかげで教室は常に笑顔が絶えなかった」(前出・同級生)


※女性セブン2017年3月2日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
イモトアヤコのまとめ写真 彼氏のまとめ写真 後藤真希のまとめ写真 伝説のまとめ写真

「イモトアヤコ」をもっと詳しく

注目ニュース
やる気感じられぬ安倍首相 広島、長崎挨拶でも力入らず NEWSポストセブン8月20日(日)16時0分
内閣支持率低迷や、読売新聞1面に〈首相「3選望まず」6割今の総裁任期まで〉という見出しが躍るなど、安倍晋三・首相の求心力が低下している。[ 記事全文 ]
“神ピッチング”は見納め!?稲村亜美に「女優転身説」が急浮上! アサ芸プラス8月21日(月)5時59分
“神スイング”“神ピッチング”の異名を持ち、始球式など野球関係のイベントに引っ張りだこのタレント・稲村亜美。[ 記事全文 ]
SKEメンバー、握手会“体臭問題”の苦情明かす ナリナリドットコム8月20日(日)7時23分
アイドルグループ・SKE48の松村香織(27歳)が8月19日、自身のTwitterで、握手会において「苦情が入った」と、ファンに改善を促す…[ 記事全文 ]
【直虎】壮絶、“政次の一生”に「神回」の声 オリコン8月20日(日)22時11分
20日にNHKで放送された大河ドラマ『おんな城主直虎』(毎週日曜後6:00BSプレミアム/後8:00総合)が、「近年の大河ドラマの中でも稀…[ 記事全文 ]
松居一代が離婚裁判へ本腰「ひどい内容なら提訴」 日刊スポーツ8月21日(月)5時0分
俳優船越英一郎(56)から離婚調停を申請されている松居一代(60)が20日、日刊スポーツの取材に応じ、これから本格的に離婚裁判に備える方針…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア