BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

インフルエンザ治療、不適切な解熱剤のむと脳症おこすことも

NEWSポストセブン2月17日(金)7時0分
画像:インフルで飲まないほうがいい解熱剤の種類は?
写真を拡大
インフルで飲まないほうがいい解熱剤の種類は?

 2月8日に急逝したアイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバー・松野莉奈さん(享年18)。所属事務所は「致死性不整脈」で亡くなった可能性が高いと公表したが、死の直後に〈インフルエンザにかかって、解熱剤をのんだために急性脳症になった〉という誤った情報が流れていた。


 そもそも、インフルエンザの患者が解熱剤をのんで急性脳症になるということはあるのだろうか。みやがわクリニック院長の宮川浩一さんが解説する。


「インフルエンザの場合、解熱剤をのんで熱を下げることがよくあります。しかし、不適切な解熱剤をのむことで逆に脳症を起こしやすくなります」


 高熱が出れば「早く熱を下げたい」と思って解熱剤をのみたくなる。それは忙しい人ほど切実な思いだろう。しかし、インフルエンザ患者が自己判断で解熱剤や解熱剤を含む風邪薬をのむことは非常に危険な行為なのだ。


「病院ではウイルスが増えるのを抑えるためのインフルエンザ薬を処方し、さらに咳や鼻水などの症状がある人には、対症療法としてそれらの症状を抑える薬をプラスして出します」(宮川さん)


 高熱が出て「インフルエンザかな」と思ったらすぐに病院を受診するのが基本だが、とはいえ市販の解熱剤がすべてNGというわけではない。医薬情報研究所エス・アイ・シーの医薬情報部門責任者で薬剤師の堀美智子さんが言う。


「アセトアミノフェン系の解熱鎮痛剤は問題ありません。一方、アススピリンなどサリチル酸系の解熱剤はのまないほうがいい。とくに15才以下の子供の場合、サリチル酸系の薬でライ症候群という命にかかわる病気を引き起こす可能性があります。購入する際は薬剤師にきちんと確認してください」


※女性セブン2017年3月2日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「インフルエンザ治療、不適切な解熱剤のむと脳症おこすことも」の関連ニュース

注目ニュース
元SMAP“造反メンバー”への非情すぎるペナルティ「キムタク以外はギャラ5割カット?」 アサ芸プラス3月26日(日)9時57分
昨年末をもって解散した国民的グループSMAP。騒動勃発当初は、ジャニーズ事務所からの独立を画策していた“造反組”の4人と木村拓哉(44)の…[ 記事全文 ]
新垣結衣 すでに疲労困憊気味も清水富美加の“穴埋め”で夏以降は不眠不休に! アサ芸プラス3月25日(土)9時57分
「ゆーるりん」。白いハイネックTシャツの上にふわっとした茶色のキャミソールを羽織った新垣結衣(28)がスキップで登場する。[ 記事全文 ]
親のスマホ依存でスマホ・ネグレクトやプチ虐待が静かに進行 NEWSポストセブン3月26日(日)7時0分
スマートフォンも合わせた携帯電話の世帯保有率は、95.8%。スマホに限っても、72.0%(2015年総務省調査・前年比7.8ポイント増)。[ 記事全文 ]
りゅうちぇる、初めてじゃがいもの皮を知る ナリナリドットコム3月26日(日)4時33分
タレントのりゅうちぇる(21歳)が、3月24日に放送されたバラエティ番組「りゅうちぇる×ちゃんねる」(AbemaTV)に出演。[ 記事全文 ]
契約解除の山本裕典、後輩・岡本夏美が真相明かす 事務所社長から説明 モデルプレス3月26日(日)12時51分
【岡本夏美・山本裕典/モデルプレス=3月26日】俳優の山本裕典(29)の所属事務所エヴァーグリーン・エンタテイメントは21日、同日付けで山…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア