BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

指揮者・佐渡裕氏「楽譜を読み込んでいればオケは心を開く」

NEWSポストセブン2月17日(金)16時0分
画像:年間約100回のコンサートをこなす佐渡裕
写真を拡大
年間約100回のコンサートをこなす佐渡裕

「今日と明日のコンサートのプログラムは違うし、来週からイタリアへ行ってまた違う曲をやる。その次の週もまた違う曲だから、勉強しなきゃならない。2年先のオペラの会議も始まっていて、その譜面も開かなきゃいけない。次から次へとどんなプログラムにするかを考え、いくつもの企画を並行して進めていく感じですね」


 こう語るのは年間約100回のコンサートをこなす世界的指揮者・佐渡裕(55)。異なるオーケストラ、異なる言語、異なる楽曲。譜面を読み込み、思いを伝え、100人からの楽団員を一つにまとめあげていく作業は並大抵ではない。1回1回の演奏が緊張の連続だ。しかし、佐渡は、そんな緊張感もまた嫌いではないのだという。


「本番前に緊張できるのは、すごく幸せなことだと思うんです。知らない世界に行くからこそ不安になり、緊張が襲ってくる。それを楽しんでやろうと腹をくくって乗り越えたとき、あ、俺、できたとなって、また次に違うことに挑戦してやろうと思える。そのプレッシャーに負けて折れてしまう人はいます。そこはスポーツの世界とも共通しているんじゃないでしょうか」


 小澤征爾、故レナード・バーンスタインの両巨匠から薫陶を受けた佐渡は、1989年、「ブザンソン国際指揮者コンクール」に優勝後、ヨーロッパの楽団で腕を磨いていく。


「片言の英語とフランス語、ドイツ語、イタリア語で30間年やってきた。音楽の現場ではもう慣れたけれど、一番嫌なのは、演奏会あとのパーティでの挨拶。みんな『マエストロ、素晴らしい演奏会をありがとう』という気持ちで迎えてくれているわけで、そこで『ダンケシェーン』だけで終えるわけにはいかない(笑い)。いまでも一番プレッシャーを感じる場面ですね」


 指揮者に欠かせないのは、作曲家の意図を汲み楽曲を理解するため、徹底的に楽譜を読み込む作業だ。そのために膨大な勉強時間を割く。それは、どんなに経験を重ねようと変わらない。


「ああ、こいつは楽譜を読み込んでいるなとオーケストラが感じてくれれば、彼らは僕に心を開いてくれる。だから、勉強不足で行くことは一番まずい。一つの曲から音楽の喜びみたいなものが見つかっていない状態で指揮台に立つのは、すごく恥ずかしいことなんです。


 いままでその喜びが見つかってきたから評価を受けたし、佐渡裕というブランドのスタンプを押せてきたんだと思う。でも、うまくいかなかったコンサートというのも自分の中でありますよ。オーケストラと指揮者は生身のものなので。まあ、打率としては高いほうなのかもしれませんけど」


【プロフィール】さど・ゆたか/1961年生まれ。京都府出身。京都市立芸術大学卒業。故レナード・バーンスタイン、小澤征爾に師事。1989年にブザンソン国際指揮者コンクールで優勝し、プロデビュー。パリ管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など欧州の名門楽団に多数客演を重ねる。2015年オーストリアで108年の歴史を持つトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任。国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者を務める。昨年には絵本『はじめてのオーケストラ』(絵/はたこうしろう・1500円+税・小学館)の原作にも挑戦した。


 今後の国内公演は、4/14〜29東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団ツアー(秋田、北上等12公演)、7/14〜23オペラ「フィガロの結婚」(兵庫県立芸術文化センター)、10/21〜29ケルン放送交響楽団「運命」「未完成」ツアー(兵庫、大阪、京都、名古屋、東京等8公演)。詳細は佐渡裕オフィシャルファンサイトhttp://yutaka-sado.meetsfan.jp/


撮影■初沢亜利 取材・文■一志治夫(文中敬称略)


※週刊ポスト2017年2月24日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「指揮者」「佐渡裕」「コンサート」「イタリア」の関連トピックス

「指揮者・佐渡裕氏「楽譜を読み込んでいればオケは心を開く」」の関連ニュース

注目ニュース
吉高由里子の振る舞いに批判相次ぐ 妊娠中・小熊アナに坂口の体ぶつける J-CASTニュース3月22日(水)13時22分
女優・吉高由里子さん(28)が取った軽率な振る舞いに、インターネット上で批判が集まっている。[ 記事全文 ]
レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」 文春オンライン3月22日(水)16時0分
“川越スマイル”がトレードマーク©共同通信社“イケメンシェフ”としてテレビ出演も多かったシェフの川越達也氏(44)が、代官山のレストラン「…[ 記事全文 ]
山本裕典の契約解除、度重なる違反行為とは何だったのか messy3月23日(木)1時55分
俳優の山本裕典(29)と2017年3月21日付けでマネージメント契約を終了したことを、元所属事務所エヴァーグリーン・エンタテイメントが発表…[ 記事全文 ]
沢尻エリカ、お酒の失敗談を告白「ドレス1枚で暴れだすとポロリも…」 オリコン3月22日(水)18時21分
女優の沢尻エリカが、23日放送の読売テレビ・日本テレビ系『ダウンタウンDXDX』(後9:00)に出演する。[ 記事全文 ]
葉月里緒奈と奥菜恵、2人の「魔性の女」復帰へ——それぞれの事情 文春オンライン3月23日(木)7時0分
上が葉月、下が奥菜2人の「魔性の女」が“本格復帰”へ向けて活動中だ。放送記者が話す。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア