BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

癌と戦った鈴木宗男氏「北方領土問題前進させずに死ねるか」

NEWSポストセブン2月17日(金)7時0分
画像:自身のがん体験を語る鈴木宗男氏
写真を拡大
自身のがん体験を語る鈴木宗男氏

 医療の進歩により、がんになった後も以前と変わらぬ人生を送れる人が増えている。ところが依然として、世に出てくる闘病記は暗く過酷なものばかり。もっと明るく、あっけらかんと語ったっていいではないか。過去に胃がんと食道がんが見つかった政治家の鈴木宗男氏(69)はこう語る。


「がんと戦う日々を苦とも思わなかったのは、政治家としての使命感があったからです。“生涯政治家”を自負する私のライフワークが北方領土問題。“がんに負けて北方領土問題を前進させずに死ねるか”との思いが、がんを克服する原動力となった」


 そう話す鈴木宗男氏にとって、この15年ほどの出来事は、天国から地獄へと往復するジェットコースターのような日々だった。人間ドックを受診した際に胃がんが見つかったのは2003年9月。あっせん収賄罪などの容疑で逮捕され【※注】437日におよぶ勾留直後のことだった。


【※注/北海道開発局の工事や林野庁の行政処分をめぐり、不正に口利きした見返りに業者から現金を受け取ったとして、受託収賄やあっせん収賄など4つの罪に問われた汚職事件。2010年9月、懲役2年、追徴金1100万円の刑が確定。鈴木氏はいまだに冤罪を主張している】


「主治医から“悪性のスキルス胃がんで転移の可能性がある”と告げられ、“もう人生が終わった”と思い、ただ涙が出てきた。当時は55歳。政治家としては“もうダメかもしれない”と思ってしまったんですね」


 約5時間にわたる手術で胃の3分の2を摘出。幸い転移はなく、抗がん剤治療も不要だったという。手術の2週間後には、開腹手術の跡も生々しく残り、背筋を伸ばして歩くこともできないなか、「予後にいい」と聞いた温泉巡りに出た。


「全国から届いたがん患者からの激励の声と娘・貴子の“お父さん、健康が一番よ”の声が励みになりました。留学先のカナダから帰ってきた娘と一緒にいられたことが何より嬉しかった。“がんになって良かった”とさえ思ったほどです(笑い)。医師からは術後、“節制すれば大丈夫です”とだけ言われた。だから消化の悪いものは一切口にせず、腸の運動を活発化させるウォーキングやジョギングを日課としました」


 予後も順調で、がんを克服。だが、2010年には最高裁の上告棄却で有罪となり収監、同時に失職する。悪いことは重なるもので、その直前に受けた人間ドックで、今度は食道がんが見つかった。しかし不安や心配は一切覚えなかったという。


「2回目のがんは恐るるに足らず、でした。私にとってがんは“未知の恐ろしい病気”ではなくなっていましたから。2度のがんを経験・克服したから私が言えるのは、日本の優れた医療を信じることです。何より大事なのは早期発見。年に1回の定期検査は必ず受けてくださいね」


【プロフィール】すずき・むねお/政治家(新党大地代表)。1948年北海道生まれ。1983年初当選。国務大臣北海道開発庁長官、内閣官房副長官などを歴任。2010年9月、汚職事件により実刑判決確定で衆議院議員を失職。


撮影■ヤナガワゴーッ!


※週刊ポスト2017年2月24日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード

「北方領土」をもっと詳しく

注目ニュース
ゲス芸人の本領発揮!? 安田大サーカス・クロちゃんの「大嘘」が発覚! アサ芸プラス5月29日(月)17時58分
5月24日放送のバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の検証企画で、安田大サーカス・クロちゃんに「虚言癖」があることが明らかと…[ 記事全文 ]
前川前文科次官 出会い系バー通いを官房副長官が注意してた NEWSポストセブン5月29日(月)7時0分
権力の腐敗、不正を告発しようとする人物がいれば、まずはその言葉に耳を傾け、検証した上でそうした声を拾い上げていくのがメディアに求められる役…[ 記事全文 ]
布施博に共演NG出した年下の大スター 「君とはもう二度と仕事しないから」 J-CASTニュース5月29日(月)16時39分
俳優の布施博さん(58)がテレビ番組で、「ぶち殺してやろうと思った」などと物騒な発言をしたため、その相手は誰なのかと、ネット上で詮索が始ま…[ 記事全文 ]
『ちびまる子ちゃん』で前田さんがまたやらかす! 強引で胸糞な展開に「笑えない」と大ブーイング! おたぽる5月29日(月)16時0分
5月28日に放送されたTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)第1102話。[ 記事全文 ]
オリラジ中田敦彦、松本人志批判に対し「謝らない」 日刊スポーツ5月29日(月)14時39分
オリエンタルラジオの中田敦彦(34)が、ブログで批判したダウンタウンの松本人志(53)に対して「謝らない」と宣言した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 SPEED・上原多香子の熱愛バッシングに絶句!「死んだ旦那に失礼」「女は切り替え早いから」!?messy5月28日(日)19時0分
2 春風亭昇太も困惑する愛弟子・昇吉の「八百長疑惑」NEWSポストセブン5月28日(日)16時0分
3 老化アイドル・城島茂にさらなる異変!?「病院へ行って」と言われた症状とはアサ芸プラス5月28日(日)17時58分
4 オリラジ中田敦彦、松本人志批判に対し「謝らない」日刊スポーツ5月29日(月)14時39分
5 昭恵さん、「山口敬之氏へのいいね!であんな責めなくても…」NEWSポストセブン5月29日(月)16時0分
6 皇族の方々、デートで完全2人になれずNG職種の交際相手もNEWSポストセブン5月29日(月)7時0分
7 小林麻央、顎にがん転移 海老蔵「日々戦ってる」J-CASTニュース5月29日(月)13時21分
8 『ちびまる子ちゃん』で前田さんがまたやらかす! 強引で胸糞な展開に「笑えない」と大ブーイング!おたぽる5月29日(月)16時0分
9 布施博に共演NG出した年下の大スター 「君とはもう二度と仕事しないから」J-CASTニュース5月29日(月)16時39分
10 前川前文科次官 出会い系バー通いを官房副長官が注意してたNEWSポストセブン5月29日(月)7時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア