今も色褪せない『マネーの虎』の教え 動画で人気なのも道理

2月17日(日)16時0分 NEWSポストセブン

あなたの「推し虎」は?(イラスト/ヨシムラヒロム)

写真を拡大

 虎は群れを作らず、繁殖期以外は単独で行動する。中国では百獣の王は虎で、日本でも強さの象徴だ。かつて、ビジネスの成功者たちを“虎”と呼んだ番組があった。2000年代前半に放送された『¥マネーの虎』(日本テレビ)の虎たちが、いま、YouTubeチャンネル『就活の虎CHANNEL』で、かつての裏話や本音トークを繰り広げている。放送中は番組や虎たちについてインターネット掲示板でさかんに実況され話題になったが、放送終了後十年以上が経った今でも、SNSで話題にする人が絶えない。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、かつてと現在のネット反響の違いについて考えた。


 * * *

 僕が最もテレビを観ていた2000年代前半。当時、素人を主人公としたドキュメンタリータッチのバラエティ番組が隆盛していた。なかでも『¥マネーの虎』はアクが強く、今でも記憶に残っている。


 主役は“虎”と呼ばれる大物社長、そして自ら出演を望んだ志願者である。“虎”に対して志願者は、投資して欲しい希望金額と事業内容を発表。質疑応答で“虎”は志願者の腹の底を伺う。最終的に“虎”が志願者もしくはプランを認め、希望金額を出資すれば“マネー成立”。志願者は“虎”から出資金を獲得できる。2001年〜2004年という短い放送期間、記録より記憶に残る番組だった。出演する社長のキャラが濃いこと、濃いこと。修羅場をくぐり抜けた猛者揃い、顔からしてパンチが効いていた。


 なかでも、“推し虎”は塾経営の“虎”岩井良明社長。サンドウィッチマン伊達みきおに似たチンピラフェイスを持つ、人情派のナイスガイ。出資する確率も高く、番組全盛期から末期を支えた“虎”でもある。


 そんな岩井社長、現在は塾経営を奥様に一任しているらしい。早い隠居生活ということではなく、自身は教育関係の広告代理店業を営む。事業拡大のため、2018年からは『就活の虎CHANNEL』なるYouTubeチャンネルも開設。企業と就活生を繋げるプラットフォームを目指し、日々動画を配信中。時代の機微に合わせ、"虎"はYouTuberへと姿を変えたのだ。


“虎”のYouTubeデビュー、実はこれが初めてではない。過去、3匹の“虎”が集まり動画を配信したこともあった。しかし、肝心の内容は情報商材を『¥マネーの虎』風に売るもので。当時の熱量を再現しようと試みていたが、志願者と“虎”のバトルがどうも芝居のように見えてしまう。トータルで残念な出来に仕上がっていた。


 たいして、岩井社長のチャンネルはどうか。全ての動画をチェックしたところ、上記とは異なるテイストに仕上がっていた。やっていることを端的に表せば『¥マネーの虎』の同窓会。主なコンテンツは出演していた“虎”や元志願者との思い出話だ。


「志願者の〇〇君の時はこうだったよねぇ……」とたった1回しか出演していない志願者についても語られる。岩井社長からは、口は出すが金は出さないことで視聴者の評判が悪かった“虎”、リサイクルショップチェーン「創庫生活館」の社長・堀之内九一郎、志願者に怒声をよく上げていた飲食の“虎”小林敬とはウマがあった。しかし、人格者として親しまれていた衣食住トータルプロデュースの“虎”貞廣一鑑が大嫌いだったなんて秘話も明かされる。語られる内容は、とことんマニアックだ。


『¥マネーの虎』は、放送時から現在まで、インターネットと親和性が高い番組。強烈な“虎”と必死な志願者、白熱した鍔迫り合いは時にいきすぎる。真剣さを一周して珍妙な光景に見えてくる。もう、めちゃくちゃツッコミたくなるポイントが多いんだ。また、酷く過激な番組でもある。“虎”が志願者の人格否定など日常茶飯事。マズいものを食べさせられた場合は「うちのスタッフがこのメニューを提案したら殴ってるでしょうね……」と脅かす。今となったら炎上案件だが、当時は許されていた。テレビに映る出来事と日常が切り離されていたのだろう。気に入らない番組をネットから潰す、といった考え方もなかった気がする。


『就活の虎CHANNEL』で「当時、2ちゃんねる見たら岩井が“虎”の中で1番バカって書いてあってショックだったなぁ」と岩井社長。こんなトークが放送終了してから15年も経つのに繰り広げられている。


 番組放送時は、インターネットの黎明期。若い志願者が持っていくるネットを使ったプランを「分からないから!」と頭ごなしに否定する“虎”もいた。会社が30年以上続く確率は0.02%、栄華を極めていた“虎”が現在も輝き続けているとは限らない。出資者に対して舌鋒鋭く追及していた内容も、2019年からすれば頓馬に映ることも。「コイツら、分かってないなぁ」と未来人的目線でディスれることも、いまだにネットで人気な理由のひとつだろう。当時はボロクソに言われていた出資者の企画が抜群だったりするなんてことも(アニメキャラの抱き枕とか)。


 話は少し逸れるが、別の媒体で、“虎”の一人だった美空ひばりの息子・加藤和也社長は「ネットでこんなに話題になるなら出なかったよ」とインタビューで語っていた。『¥マネーの虎』は時代とともに捉え方が変わる番組。話題が尽きないから風化しない。それゆえにファンは増え続け、『就活の虎CHANNEL』で番組裏話が求められる。


“虎”は自身の発言が詳細に記録されるなんて、考えてもいなかっただろう(小林敬のキレる発言集なんてものもある)。僕は『¥マネーの虎』で仕事の厳しさ、経営することの大変さを知ったつもりだ。まさか、ここにきてメディアで発言したことが一生残るといった怖さを“虎”から学ぶとは……。ともかく、未来のことなど万能感に満ちたドヤ顏で語る"虎"でさえも分からなかったわけで。つまり「絶対!」はないってこと。断定する発言だけには気をつけようと思う。


●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで週1度開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。テレビっ子として育ち、ネットテレビっ子に成長した。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)。

NEWSポストセブン

「マネーの虎」をもっと詳しく

「マネーの虎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ