『ゲット・アウト』ジョーダン・ピール監督&主演ダニエル・カルーヤ、新作映画で再タッグ

2月17日(水)12時27分 THE RIVER

ゲット・アウト』(2017)のジョーダン・ピール監督が、同作の主演俳優ダニエル・カルーヤと新作映画(タイトル未定)で再タッグを組む方針であることがわかった。

米Deadlineなどの報道によると、ダニエルは契約交渉の最中であり、実現すれば『ゲット・アウト』以来のチームとなる。また、新作のストーリーは謎に包まれているが、主な出演者には『ハスラーズ』(2019)のキキ・パーマーが決定しており、米Colliderによれば“悪役”を演じるとのこと。ピール監督は2020年秋からキャスティングを進めており、かつて手がけたコメディ番組「キー&ピール(原題)」に出演した経験を持つパーマーと面会したのち、すぐに出演オファーを出したとされる。

洗練されたホラースリラーでありながら、社会への鋭い視線を併せ持つジョーダン・ピール作品は、ダニエル・カルーヤ&キキ・パーマーという“旧友”との再会によっていかなる進化を遂げるのか。配給は『ゲット・アウト』と『アス』(2019)に続いてユニバーサル・ピクチャーズが担当。ピール監督は脚本・製作を兼任し、プロデューサーには『アス』のイアン・クーパーが参加する。

ジョーダン・ピール監督の新作映画(タイトル未定)は2020年7月22日に米国公開予定。

Sources: Deadline, Collider

THE RIVER

「新作」をもっと詳しく

「新作」のニュース

「新作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ