ディーン・フジオカ、「報道番組」抜擢も現場の本音は「血迷ったか」!?

2月18日(土)9時59分 アサ芸プラス

 4月からスタートする「サタデーステーション」(テレビ朝日系)への出演が決定したのは、NHK朝ドラでブレイクした俳優のディーン・フジオカである。

 元フジテレビアナウンサーの高島彩がMCを務める同番組。人気俳優のディーンが「インフルエンサー(影響力のある人)」の肩書きで出演することで、放送開始前から話題となっている。

 同番組が放送されるのは「世界ふしぎ発見!」(TBS系)や「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)と同じ激戦区の土曜夜9時。40年間続いた「土曜ワイド劇場」枠を打ち切ってのスタートに、

「絶対に負けられない番組です」(テレ朝広報スタッフ)

 と意気込む声が上がる一方、後ろ向きな発言も聞こえてくるのだ。

「正直、疑問符のつくキャスティングですよ」と語るのはテレビ朝日関係者である。さらにこう続ける。

「『全ての曜日でプライムタイムにニュースを流す』という局の方針や、『休日ならではのカジュアルなニュース番組』というコンセプトはよくわかるんですが、ディーンさんに出ていただく必然性をまったく感じません。MCの高島さんもウチの報道番組に出るには軽すぎる印象。こうした不可解なキャスティングに、現場の記者たちからも『血迷ったか‥‥』といったボヤキが出ているんです」

 さらにこの関係者は、「来年の春にはドラマ枠に戻っている気がしますね」と不吉な予測をポツリ。

 ディーン抜擢が吉と出るか凶と出るか。番組の行方を見守りたい。

(白川健一)

アサ芸プラス

「ディーン・フジオカ」をもっと詳しく

「ディーン・フジオカ」のニュース

BIGLOBE
トップへ