「売れたら態度変わるんだな」田中圭が浴びた痛恨の一言

2月18日(月)10時15分 アサジョ

 俳優の田中圭が2月7日に行われた「2019年エランドール賞授賞式」に出席。“1つだけ伝えておきたいこと”として話した報道陣に向けたコメントが話題となっている。

 日本映画テレビプロデューサー協会が主催し、映画やテレビドラマなどで活躍した俳優や作品を表彰する同イベントだが、田中はドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)などの演技が評価されて新人賞を受賞している。

 その授賞式で田中は「今日は各局を代表する方がこの会場にたくさんいらっしゃるということで、1つだけ言っておきたいことありまして…」「去年、ブレークとかすごい言われるようになりまして。自分的には何も変わったつもりはないと仕事をやってきたつもりだったんですが…」と切り出し、自身にかけられた“誤解”を解こうと試みる姿が見られた。

 田中は年始に携帯電話のデータが消えてしまったことを説明。その後、仲の良いプロデューサーの連絡先を人づてに聞き、そのプロデューサーに連絡してみたところ、「売れたら態度変わるんだな」と言われてしまったとのこと。

 その言葉を受けて、田中は「俺もやっぱそういう風に見られているんだな」と大分落ち込んだことを明かしている。

 そのうえで「僕は何も変わっていませんので、上からガンガン言っていただけますと助かります」と報道陣に向けてアピール。思いもしない田中からの言葉に一瞬会場の空気は静まりかえり、田中も「若干、スベッたみたいになってますけど」と困惑する一幕が見られた。

「田中は、売れたことでインタビュー取材などで不機嫌な顔を見せたり、別の媒体に答えたものと同じような質問にはちゃんと答えないといった悪評が、一部ネットメディアから報じられるなど、天狗疑惑が浮上していました。本人も、その点は非常に気にしていたようです。ただ、新人時代には、やたら現場に遅刻することが多かったという話ですし、元々が人格者タイプでもありませんから、実際に売れたことで、多少、気持ちが緩んでしまっていたという自覚があったのかもしれませんね」(エンタメ誌ライター)

 いずれにしても“調子に乗っている”と見られがちな現状を変えていくことが急務だろう。

(田中康)

アサジョ

「田中圭」をもっと詳しく

「田中圭」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ