『バイス』町山智浩が徹底解説、「日本の政治界を実名で映画化できますか?」と投げかけ

2月18日(月)23時36分 映画ランドNEWS

映画『バイス』トークイベントが18日、都内・ユーロライブにて行われ、町山智浩(米在住ジャーナリスト/映画評論家)が出席した。


バイス
町山智浩

本作はジョージ・W・ブッシュ政権(2001-09)で、アメリカ史上最も権力を持った副大統領、ディック・チェイニーを描いた社会派エンターティメント。チェイニー副大統領役にクリスチャン・ベールが扮するほか、チェイニーの妻役にエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役にスティーブ・カレル、ブッシュ大統領役をサム・ロックウェルが演じる。


監督は『マネーショート』で、第88回アカデミー賞「脚色賞」を受賞、作品賞・監督賞・助演男優賞・編集賞・脚色賞の主要5部門にノミネートされ世界中からその手腕を認められたアダム・マッケイ。製作はプランBエンターテインメントが手掛け、代表であるブラッド・ピット本人がプロデュースを務める。


写真右がクリスチャン・ベールが扮したディック・チェイニー

20代から60代までのチェイニーの人生を、約20キロもの体重を増やし、髪を剃り眉毛を脱色するなどの見た目だけでなく、演技の面でも完璧なアプローチで演じたクリスチャン・ベール。町山は、クリスチャンにインタビューを行った際の映像をイベント内で上映。その中でクリスチャンは「体のことを考え始めたよ。もう44歳だ。僕だって無敵じゃないから注意しないとね。(今後も役作りで肉体改造を続けるか?)いや、家族がダメというんだ。特に娘が譲らなくてね」と語っていた。


町山は「この映画で(体重を)20kg増やして、この間はガリガリに痩せてシャブ中毒の役をやってる。バットマン役で筋肉モリモリになったり、『アメリカン・ハッスル』ではブクブクに太ったり…ものすごい短期間で太ったり痩せたりを繰り返してる。『大丈夫なのかな?』と思った」とコメント。


バイス
町山智浩

さらにクリスチャンは、役柄と自身の変貌ぶりが不安になり「心臓麻痺」についてドクターから話を伺い研究したそう。町山は「『俺がやってることが一番(心臓に)悪い』って言ってます。この映画の製作中に監督のアダム・マッケイが心臓が悪くなり倒れたんです。その時、クリスチャンは『俺なんでもわかるから!』って助けたらしい(笑)役者は勉強してる。物知りですよ!」と裏話を披露した。


劇中でチェイニーがフライフィッシングを楽しむ様子が描かれているが、町山は「フライフィッシングは(ルアーを)えさの“フリ”をして振る。9.11テロの黒幕はイラクじゃなかった。9.11テロの“フリ”をしてイラクを攻撃させたり、ブッシュを釣っていましたよね。国民やブッシュを“釣る男”だということを象徴しています」とも分析した。


2018 \uff82\uff69 Annapurna Pictures, LLC. All Rights Reserved.","created_timestamp":"1549634255","copyright":"","focal_length":"83.8","iso":"0","shutter_speed":"0.01","title":"","orientation":"1"}" data-image-title="バイス" data-image-description="" data-medium-file="https://i2.wp.com/eigaland.com/wordpress/wp-content/uploads/2019/02/89075b5b1a1256f8729200224ca164fd.jpg?fit=300%2C224&ssl=1" data-large-file="https://i2.wp.com/eigaland.com/wordpress/wp-content/uploads/2019/02/89075b5b1a1256f8729200224ca164fd.jpg?fit=600%2C447&ssl=1" class="size-full wp-image-95766" src="https://i2.wp.com/eigaland.com/wordpress/wp-content/uploads/2019/02/89075b5b1a1256f8729200224ca164fd.jpg?resize=696%2C519&ssl=1" alt="バイス" width="696" height="519" data-recalc-dims="1" />
写真右がサム・ロックウェルが扮したジョージ・ブッシュ
左 Photo/Getty Images
右 (C)2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

また、本作で第91回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされているサム・ロックウェル扮するブッシュ大統領に「すっげぇ似てて!本当にすごい。もともと顔も似てるんですが、ブッシュの顔マネがすごい!ハの字眉毛に口元が…(笑)ブッシュ感がすごい!」と絶賛していた。


バイス
町山智浩

ブッシュ政権でアメリカ史上最も権力を持った副大統領ディック・チェイニーを描いた社会派エンターティメントである本作。町山は「日本の政治界を実名で映画化できますか?出てくれる俳優はいますか?法律で禁じられていないのに誰もやらない。日本人は腑抜けばかりで、本当にこういう映画を作らない」と投げかける。


アダム・マッケイ監督に「作り手たちは常に訴訟や反発を恐れています。そのため製作費を得るのも俳優の確保も難しいんです。それを打破できるようコメントをいただけませんか?」とインタビュー映像内で質問している。


アダム・マッケイ監督は「1つ言えるのは“権力を疑え”ということだ。監視を怠れば政府は暴走する。国は危機に陥り崩壊するだろう。政府に動きがない時も自分のすべてをすべてを懸けてでも疑わなければダメだ。時には仕事を失い恥をかくかもしれない。でも歴史は証明してくれる。最終的にはあなたが正しいことをね」と言及した。



映画『バイス』は4月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「町山智浩」をもっと詳しく

「町山智浩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ