「小さな女王」高梨沙羅なぜ強い? 技術も上手だが、メンタルがものすごい

2月18日(月)17時54分 J-CASTニュース

   スキージャンプ女子の高梨沙羅選手(16)が、ワールドカップ個人でジャンプとしては日本初となる総合優勝を2013年2月17日達成した。



   今季はここまでの14戦中、すでに8勝を挙げている。その強さの源はどこにあるのか。長野五輪で団体金メダルに輝いた元スキージャンプ選手・原田雅彦さん(雪印メグミルクスキー部コーチ)はJ-CASTニュースの取材に対し、競技に向き合う「素直さ」を第一に挙げた。



原田さん「おそらく今は何も考えなくても…」

   スキーワールドカップでは、これまで荻原健司選手(ノルディック複合)など6人の日本選手が総合優勝を果たしているが、ジャンプでは初の優勝だ。また16歳4か月は、世界的にも「史上最年少」だ。


   翌18日、各局が高梨選手の人となりとともに、その「強さの秘密」を分析した。たとえば「朝ズバッ!」(TBS系)ではドイツチーム監督が「マシンのようにフォームが安定している」と評し、「とくダネ!」(フジテレビ系)では船木和喜さんを育てたコーチ・八木弘和さんが「アプローチの姿勢の低さ」を解説した。元ノルディック複合選手の荻原次晴さんは「モーニングバード!」(テレビ朝日系)で「テイクオフの際の度胸」と、下半身トレーニングの成功を主に挙げる。


   一方で原田雅彦さんは、そのメンタル面を第一に高く評価した。


「さらに距離を伸ばしたい、優勝したいという思いに向かって、彼女が努力を積み重ねた結果でしょう。競技に向き合う素直さ、それが彼女の強さだと思います」

   もちろん技術的な部分についても、「全く問題ない。上手ですよ」と手放しの賞賛だ。


「おそらく今の好調さなら、踏み切りは何も考えないでもタイミングが合う状態だと思います。なるべくこの状況を続けてほしいですよね」


一般的には背は高い方が有利?

   ところで高梨選手といえば、年齢だけでなくその小柄さも話題だ。身長は152センチ。同年齢の日本人女性平均より6センチ低い。スキージャンプでは、使用できる板の長さが身長に比例して決められる。板が長いほうが滑空しやすいので、一般的には背は高い方が有利とされる。海外選手と比べて頭ひとつ小さい高梨選手は大丈夫なのだろうか。


   しかし記者の心配を、原田さんは笑って否定した。


「彼女は総合優勝したんですから。(小柄さも)プラスに決まってるじゃないですか」

   ちなみに原田さんと高梨選手は、ともに北海道上川町出身だ。


「小さな町なんですよ。人口も5000人切っちゃって。でも、この優勝にきっと町中が非常に興奮していると思います」

と目を細める原田さんは、


「巷では2014年のソチ五輪に向けて期待も高まっていますが、まだ高校1年生、16歳。彼女のジャンプ生活はまだまだ続きますし、乗り越えないといけないことはいろいろあります。それに負けずに、ジャンプをぜひ続けていっていただきたい」

と、温かいエールを送った。

J-CASTニュース

「高梨沙羅」のニュース

BIGLOBE
トップへ