羽生結弦の「ある行動」に称賛続々! ファンが感動した「心遣い」とは

2月18日(日)13時15分 J-CASTニュース

羽生結弦選手(2014年/J-CASTニュース撮影)

写真を拡大

平昌冬季五輪・フィギュアスケート男子で羽生結弦選手(23)がみせた圧巻の演技は日本のみならず世界中を感動の渦に巻き込んだ。SNSには金メダル獲得から一夜明けた2018年2月18日も、引き続き称賛の声が寄せられている。

そうした中、日本のSNS上では羽生選手の試合後の「ある行動」が注目を集めている。



一度手にした国旗を元に戻し...



前回のソチ五輪に続き、2大会連続の金メダルに輝いた羽生選手。メダルが授与された表彰式に先立って行われた試合後のセレモニーには、銀メダルを獲得した宇野昌磨選手(20)と、銅メダルを獲得したスペインのハビエル・フェルナンデス選手(26)とともにリンク上に登場し、とびっきりの笑顔を浮かべた。



そんな羽生選手の「ある行動」とは、直後のフォトセッションでみせたものだった。



羽生・宇野の両選手は日本国旗を受け取り、報道陣のカメラの前へ移動。ところが前を滑っていたフェルナンデス選手は、スペイン国旗が用意されていなかったためか、平昌五輪の公式マスコット「スホラン」のぬいぐるみを持っているだけだった。



羽生選手はそれに気づいたらしく、フェルナンデス選手のほうを指さすと、一度は受け取った国旗を戻した上で記念撮影に臨んだ。



その後スペイン国旗がフェルナンデス選手の手元に渡ると、今度はしっかりと日の丸を広げ、3人一緒に国旗を掲げて写真におさまった。



またリンクを去る少し前には、手にした日の丸に何かを語りかけ、お礼をするように会釈する場面もみられた。



「心遣いの人」「ほんとに日の丸を背負ってたんだな」


羽生選手のこうした姿に胸を打たれた人は少なくなかったようで、SNS上には



「羽生くん。国旗を全員が持つまで広げないとか リンクに深い深いお辞儀して『ありがとうございました』とか 身についた心遣いの人だなぁと感心する」


「国旗をとても丁寧に扱う羽生くんは、ほんとに日の丸を背負ってたんだなと思う」


「国旗に向かって『ありがとうございました』って言ってる羽生くんが、ホントに嬉しそうだった...」


「羽生の凄いところは、フェルナンデスがスペイン国旗を受け取るまで、広げなかったこと。さすが!」


といった声が寄せられるなど話題を呼んでいる。



なお、羽生選手が国旗に対する配慮をみせたのは今回が初めてではない。



たとえば2015年の世界フィギュアスケート国別対抗戦でのこと。フリー演技後にテレビ局のインタビューを受けることになった羽生選手は、自分の荷物を床に置いた上で「国旗だけ...国旗だけ誰か...下に置くことはできないので」と女性スタッフに預けたことがあった。


その様子をおさめた当時のインタビュー映像は、今回の出来事を受けて改めて注目を集めている。

J-CASTニュース

「羽生結弦」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「羽生結弦」のニュース

BIGLOBE
トップへ