川崎あや、スケスケ衣装で大胆に「週プレ」表紙に初登場! 名実ともにトップグラドルに

2月18日(月)15時0分 メンズサイゾー

てか、いま冷静に思ったんだけど、週プレグラビア全52ページって凄くない??
しかもDVD付きで¥500とかお得過ぎない??#週プレ#週刊プレイボーイ#川崎あやファミリー#ゼロイチジャック#週プレゼロイチ号 pic.twitter.com/fQA6EaPNEX


— 川崎あや ㊗︎週プレ初表紙 (@kawasaki__aya) 2019年2月18日



 グラビアアイドルの川崎あや(28)が、発売中の「週刊プレイボーイ」9号(集英社)の表紙&グラビアに登場。同誌初登場から約2年半にして初の表紙に抜擢され、スケスケ衣装&手ブラなどの刺激的すぎる艶姿を披露している。


 川崎は52センチの驚異的なウエストで“くびれスト”の愛称で知られ、今もっとも勢いのあるグラドルのひとりといっていい存在だ。だが、約2年半前に同誌に初登場したときは「大勢の中のひとり」的なオーディション系グラビアで僅か1ページの掲載。それから地道な努力を重ね、さらに「くびれ」と「超ハイレグ」という大きな武器を手にしたことで大ブレイクを果たし、トップグラドルとなって「週プレ表紙」に満を持しての初登場となった。


 同グラビアでは、代名詞ともいえる超ハイレグはもちろんのこと、フェティッシュな透け要素を強調した写真が多数。特にスケスケの白レオタードは大事な部分がわずかに隠れているだけという大胆さであり、美乳やボディのラインが丸わかりだ。過激な衣装をまといながらも清楚感は失われず、まさに彼女の魅力を最大限に生かした珠玉のグラビアとなっている。


 川崎は自身のTwitterで「週刊プレイボーイ、もう既にGETしてくれた方いるかな? まだの方、お昼休みお仕事帰りとにかくGETして帰ってね! 感想と共に購入したよーって#川崎あやファミリー で呟いてね!」などとファンにアピール。それとともに表紙カットやオフショットなどを投稿した。


 これにネット上では購入報告が相次ぎ、さらに「川崎あやさんエロすぎる」「朝から元気になった」「素晴らしいグラビア」などと絶賛コメントも続出。一部では「売り切れで買えなかった」との声もあり、売れ行きも好調のようだ。


 また、同号では川崎を筆頭に芸能事務所「ゼロイチファミリア」に所属する桃月なしこ(23)、アンジェラ芽衣(21)、十味(20)、黒木ひかり(18)らが登場。同誌では「川崎あやファミリー」と表現され、総勢12名で52ページにわたってグラビアを完全ジャック。彼女たちの素顔に迫った79分のDVDも付属し、ゼロイチファミリア特集号といってもいい内容になっている。


 川崎は身長167センチ、スリーサイズ上からB80・W52・H88の極上ボディでスレンダー好きの男性たちの視線を独占。昨年、セーラー服×ハイレグ、チャイナ服×ハイレグの過激な衣装で2度にわたって「週刊ヤングジャンプ」(同)の表紙を飾ったことで人気と知名度が跳ね上がり、同誌に命名された「ハイレグ女王」「ハイレグ無双」といったキャッチコピーは大きな話題となった。


 今年2月にも同誌でボンデージ×ハイレグの衝撃グラビアを披露。同誌から「現代最高ナンバーワングラドル」という最大級の賛辞が贈られ、TwitterやInstagramのフォロワー数が短期間で5万人以上増加するなど雑誌グラビアに登場するたびに大きな反響を呼んでいる。


 グラドルがブレイク後に女優業やタレント業にシフトしてしまうケースは多々あるが、川崎は「2019年はグラビア一本で活動していきたい」と宣言。その勢いと進化は加速する一方となっており、今後もグラビア界に大旋風を巻き起こしてくれそうだ。


(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)


メンズサイゾー

「川崎あや」をもっと詳しく

「川崎あや」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ