元低視聴率俳優・速水もこみち復活!!「誰もが認めるイケメン役」を総ナメ中のなぜ

2月18日(土)16時0分 messy

速水もこみちInstagramより

写真を拡大

 16日放送のドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)第5話に、主人公・鎌田倫子(吉高由里子)の運命の相手として、顔良し、スタイル良し、性格良しの最強男子・奥田優一(速水もこみち)が登場した。奥田の写真を見た山川香(榮倉奈々)や鳥居小雪(大島優子)は「イケメンじゃーん!」「拝ませて」と盛り上がり、倫子自身もすぐに恋に落ちていく様子が描かれていた。奥田演じるもこみちは、ネット上で演技力こそ酷評を浴びているが、その容姿には「ほんっとイケメン」「ハマリ役」と賞賛の声があがっている。

 もこみちといえば、2005年放送のKAT-TUN・亀梨和也(30)が主演を務めた『ごくせん』(日本テレビ系)第2シリーズで大ブレイク。しかし、2006年には『レガッタ〜君といた永遠〜』(テレビ朝日系)にて主演を務めるも平均視聴率5.4%を記録し打ち切り。2008年にも『オー!マイ・ガール!!』(日本テレビ系)にて再度主演を務めるが平均視聴率は7.0%を記録するなど低視聴率俳優のイメージが強くついてしまった。

 しかし、2011年から『ZIP!』(日本テレビ系)にて料理コーナー「MOKO’Sキッチン」が始まると、「調理する姿がかっこ良い」「オリーブオイルを多用するパフォーマンスなどが面白い」と、メイン視聴者層の主婦のみならずネット上でも話題となり、関連グッズ販売で年収5億円と言われているほどの人気番組コーナーに成長。“イケメン料理人”に路線変更したもこみちの好感度は急上昇した。

 その後は、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)にて、「スーパーイケメン俳優・速水もこみち」としてドッキリの仕掛人を担当したり、2016年9月放送のスペシャル番組『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』(フジテレビ系)で、MCの天海祐希と石田ゆり子に「かっこ良い」と褒められ「整形です」と笑いを取ったり、「本業が料理のほうなので」なんて自虐するなど“バラエティもイケる”男に。



 一方、役者業でも〈ハイパーイケメン役〉をガンガンこなすようになってきた。2015年放送の『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(フジテレビ系)ではファンクラブができるほどのモテ講師役、2016年『はじめまして、愛しています。』(テレビ朝日系)は、常に女性関係のトラブルに巻き込まれている母性本能をくすぐる男、そして今クールは『東京タラレバ娘』のみならず『本日は、お日柄もよく』(WOWOW)にて自信家コピーライターを演じ、来季には『緊急取調室』(テレビ朝日系)に出演が決まっている。

 もこみちは、「MOKO’Sキッチン」を機に再ブレイクしたと言っても過言ではないが、一番の復活要因は、本人が恥じらいを吹っ切って〈ハイパーイケメン〉キャラを前面に出すよう変化したことだろう。いつの間にか“誰もが認めるイケメン役”といえば「もこみち」という図式が確立した。現在32歳。演技力はまだ乏しいが、イケメン売りの俳優として果たして何歳まで活躍し続けるのか、しかと見守っていきたい。

(夏木バリ)

messy

「速水もこみち」をもっと詳しく

「速水もこみち」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ