吉岡秀隆、実在する番組ディレクター役「番組の裏側の面白さを」

2月18日(火)0時54分 マイナビニュース

俳優の吉岡秀隆が、福岡放送開局50周年スペシャルドラマ『天国からのラブソング』(3月15日15:00〜16:55、BS日テレ 3月20日19:00〜20:54)に出演する。

視聴者からの個人的な調査依頼を解決していく福岡放送の深夜番組『発見らくちゃく!』(毎週月曜24:54〜)が発掘し、ギャラクシー賞も受賞した感動の実話を元にドラマ化する同作。

自分が死んだ後、ひとり残される妻のために未来のラブレターを書き続け、それを部屋のあちこちに隠していた祖父・光井浩をイッセー尾形が、かたや自分の殻を破るために、音楽好きだった亡き祖父とのセッションを望む孫・光井天星を濱田龍臣が演じる。

吉岡が演じるのは『発見らくちゃく!』のディレクターで、このドラマの監督でもある藤谷拓稔。主人公と亡き祖父を、音楽を通じて共演させるために奮闘する姿を熱演する。

吉岡は「今回のドラマでは『発見らくちゃく!』で放送された天星くんのエピソードだけでなく、天星くんと出会って、一緒に番組を作り出していったテレビ局のスタッフも描いているので、番組の裏側というか、また違った面白さを感じていただけるのではないかと思います。天星くんの思いが天国のおじいちゃんに届くようにと願って撮影に臨みました」とコメントしている。

マイナビニュース

「吉岡秀隆」をもっと詳しく

「吉岡秀隆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ