伝説のラジオ「放送室」CD続編、松本人志の貴重な密室トークが満載。

2月18日(月)7時28分 ナリナリドットコム

2009年3月末に惜しまれつつ番組が終了した、ダウンタウン松本人志(49歳)と放送作家・高須光聖(49歳)による伝説のラジオ番組「放送室」。お互いの近況から、お笑い論、芸能界ネタ、社会ニュース、幼少時代の話、人生論まで、深夜ラジオならではの密室トークが話題となり、番組終了から約4年が経つ現在でも、依然として根強い支持を集めている。

そんな「放送室」は、全391回の放送のうち、これまでに100回目までがCDとして発売されたが、このたび待望のシリーズCD続編の発売が決定した。

今回発売になるのは、2003年9月4日〜2004年2月19日まで放送された全25回。今年度ダウンダウン結成30周年・50歳を迎える松本の“生誕40周年記念”の放送や、今や一児の父親でもある松本の「生涯独身宣言」、映画監督となる前に語った作品のベースにもなっているであろう「こんなんおもろいんちゃうかな」という話の数々など、今となっては貴重なトークも多く詰まっている。

ファンはもちろん、当時「放送室」を聴いたことがなかった人でも確実に楽しめる内容だ。発売は3月28日、価格は5,775円(税込み)。形態はMP3仕様のCD-ROM(2枚組)で、ユーザーはMP3対応のCDプレーヤーもしくはPCを使って再生できる。


☆「放送室」とは

2001年10月から2009年3月までの7年半、TOKYO FM系列で放送されていた、ダウンタウン松本人志と、松本の幼なじみで放送作家の高須光聖の二人によるラジオ番組。番組名の「放送室」は2人が中学生時代に放送部に所属していたことから命名された。

ナリナリドットコム

「ラジオ」をもっと詳しく

「ラジオ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ