芋洗坂係長がDQ商人トルネコ役、「太ってて良かった!」と抜擢に感激。

2月18日(木)11時47分 ナリナリドットコム

この夏、全国5大アリーナで開催される日本初のオリジナルアリーナショー「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」。“最強を夢見るお姫様”アリーナ役に中川翔子、“孤高の剣士”テリー役に風間俊介の起用がすでに発表されているが、このたび商人トルネコ役について、お笑い芸人の芋洗坂係長がオーディションの審査員を務めると共に、さいたま(前半日程のみ)、横浜、名古屋、大阪公演への出演も決定した。

トルネコは、1990年発売の「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」に登場する商人見習い。ユーモラスなキャラクターで人気を呼び、スピンアウト作品「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」シリーズも発売された。今回の「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」ではストーリーテラーの役割も担う予定だ。

その役には、観客を巻き込み、ダンスも踊れる才能が必要なことから、ミュージカル界でも実力を高く評価されている芋洗坂係長がオーディション審査員と出演者として抜擢された。

芋洗坂係長は「この度、トルネコ役とオーディションの審査員をやらせていただくことになりました! これほど『太ってて良かった!』と思ったのは初めてです。あの!あのトルネコですよ!ドラゴンクエストを飛び出して大冒険しちゃうくらいのキャラクターですよ!『この役は、芝居が出来てダンスが出来てお笑いが取れる“デブ”じゃなきゃいけない』と言われ、かなりハードルは上がっておりますが、不撓不屈の精神で臨みたいと思っております。私の出演出来ない日に、トルネコをやっていただく方を引き続き募集中ですので、この大きなチャンスを手に入れたい方の応募をぜひお待ちしております」と喜びを語っている。

ナリナリドットコム

「ドラゴンクエスト」をもっと詳しく

「ドラゴンクエスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ