EXILE AKIRA、アジア人初のファッションブランド「ラルフローレン」アンバサダーに就任

2月18日(土)16時0分 OKMusic

EXILE AKIRA&ラルフ・ローレン⽒ (OKMusic)

写真を拡大

ダンスボーカルグループEXILEのAKIRAが2月16日、ファッションブランド「ラルフローレン」のアンバサダーに就任した。

アジア人としては初めてのアンバサダー就任となる。また現地時間15日には、米・ニューヨークで開催されたラルフローレンのコレクションでラルフ・ローレン氏とも対面。今回のアンバサダー起用は、かねてより雑誌や写真集といった様々なオフィシャルシーンをはじめ、プライベートでも日常的にラルフローレンを愛用しているAKIRAを「ブランドの体現者である」とラルフ・ローレン氏が注目し決定に至った。ニューヨークでAKIRAと対面したラルフ・ローレン氏は「AKIRAはまるで和製ジョニー・デップだね」とAKIRAのスタイルを⼤絶賛。今後、AKIRAはアンバサダーとしてテレビやファッション誌等に登場することで両者の思いが詰まった念願のコラボレーションが実現する。

ラルフ・ローレン氏は1967年にニューヨークで、ラルフローレンの前身となるファッションブランド「ポロ」を立ち上げ、以降様々な派生ブランドを展開。アメリカンチックな磨き上げられたファッションアイテムで、世界中の人々に愛用されている。1992年には米国ファッションデザイナー協議会でオードリー・ヘップバーンから功労賞を受賞するなど、アメリカン・トラディショナルの代表的存在として知られる。また2016年のリオ・オリンピックでは米国選手団のユニホームもデザイン。米国の名優スティーブ・マックイーンやジョニー・デップ、英国のチャールズ皇太子など多くのラルフローレン愛好家がいる。

【EXILE AKIRA コメント】
「自分が10代の頃からずっと愛⽤させてもらっているラルフローレンのアジア⼈として初めてとなるアンバサダーに任命いただいて素直に嬉しいという思いとともに身の引きしまる思いでもあります。今後の⾃分の活動を通して、ラルフ・ローレン⽒の思想や美学をファッションという枠を超えて伝えていけたらと思っています。今回の素敵な出会いに感謝しています」

OKMusic

アンバサダーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ