フジテレビに「2・12ショック」 振り向けばMX状態とも

2月18日(日)16時0分 NEWSポストセブン

窮地の今だからこそ大胆な改革に打って出られるか

写真を拡大

 視聴率の低落ぶりに歯止めがかからず「振り向けばテレビ東京」と呼ばれたフジテレビ。様々に工夫は凝らすのだが下げ止まらないため「振り向けばMX(東京メトロポリタンテレビジョン)」とまで囁かれ始めている。MXは独立系UHF局として開局した経緯もあって、東京都にある他の民放キー局と視聴率比較で名前が挙げられることはない。にも関わらず比較する、この不名誉なキャッチフレーズは昨年末あたりからネット上でもちらほら見られたが、いよいよ現実になりつつある。


「プライムタイムで2.1%という視聴率を出してしまったたら、とても民放キー局ですと胸を張れないですよ」(フジテレビ関係者)


 プライムタイムとは、1日のうちで最も視聴率が高くなる19時から23時の時間帯のこと。どのテレビ局も高視聴率を狙える看板番組をそろえる。テレビを見る人が全体的に減っているとはいえ、各局、二桁視聴率を確保しようと懸命だ。その時間帯で、2月12日(月)にフジテレビは2.1%(関東世帯平均)という極めて異例の数字を記録してしまった。ちなみに、振り向けばで名前をあげられたMX看板番組のひとつ『オトナの夜のワイドショー!バラいろダンディ』(平日21時〜)の視聴率は3%程度だと言われている。


 関係者が自嘲気味に「2・12ショック」と呼ぶ事件を起こしたその番組は『世界の村のどエライさん』。ミュージカル俳優・歌手の山崎育三郎が初めて番組司会をつとめるバラエティ番組で、今年の1月に始まったばかりだ。世界の過酷な環境場所での生活を守るために活躍する人を、リポーターが訪れて紹介する内容だ。毎週、世界各地の珍しい風物と人を紹介するテレビ番組なら、もっと視聴者からの興味を引きそうなものだ。ところが初回が4.1%、第2回が3.3%と苦戦し続け、第5回となった12日に2.1%を記録してしまった。


「オリンピックで女子ジャンプの高梨沙羅スピードスケート高木美帆がメダルをとった時間が重なったので、運が悪かったと思います。それぞれ中継したNHKが19.6%、テレビ東京が13.3%でした。五輪の裏だから、ある程度は厳しい数字が出るだろうと予想はしていたんですけど……。さすがに、早朝から深夜まですべての番組のなかで、下から2番目の視聴率をプライムタイムで記録してしまうとショックです」(同前)


 フジテレビの月曜22時といえば、『SMAP×SMAP』が2016年末まで20年にわたって高視聴率を記録し続けた時間帯だ。同番組終了後、フットボールアワー、田中みな実とDAIGOが司会を務めるバラエティ番組『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』が始まったが、視聴率が5%前後から伸びず、「数字がついてきていない」ことから2016年いっぱいで打ち切られた。その後継番組として始まった『世界の村の〜』だったが、思うような結果が出せずにいる。


 今後、この時間帯は現在放送中の番組に新企画を投入したり、思い切って別の番組を始めるなど様々なテコ入れが予想されるが、思うような結果を残すのは簡単ではなさそうだ。


「テレビというのは番組そのものが面白いことも重要ですが、そのチャンネルをその時間帯に見る習慣というのがかなり大きく影響します。『笑点』『世界の果てまでイッテQ!』を軸に、日曜日の夕方から夜中まで、視聴習慣を味方につけている日本テレビの強さを見れば一目瞭然です。月曜日の夜といえば、かつてはフジテレビが視聴者の習慣を味方につけていました。月9ドラマから『SMAP×SMAP』(スマスマ)は鉄壁だった。ところが、まずドラマが視聴者から飽きられ、スマスマは終わってしまった。その局の番組を見るという習慣をいったん無くすと、取り戻すのは難しいですよ」(在京キー局番組編成担当)


 実は、長期の視聴率全体を見るとフジテレビは民放5局中4位でテレビ東京よりも順位は上なのだが、2017年4〜9月期決算によると、民放キー局で唯一、営業赤字を記録している。放送収入が前年同期より87億円、8.7%も減って下落したことが原因で、放送時間枠を販売するタイム広告は14.5%、番組の間に流すスポット広告も4.9%マイナスを記録している。低視聴率と赤字の両方を抱えているため、肉薄されているのはテレビ東京ではなく、さらに規模が小さいMXテレビではないのかと囁かれるほど窮地にあるのだ。


 とはいえ、光明がないわけではないという。月曜日のフジテレビには、19時から『ネプリーグ』という人気番組があるからだ。一週間ぶんの視聴率を調べると、フジテレビでいま、高い確率で二桁の視聴率をとれるのは『サザエさん』(日曜日18時30分〜)、『VS嵐』(木曜日19時〜)、『ネプリーグ』(月曜日19時〜)の3番組。振り向けばMXなどという不名誉なキャッチフレーズを増幅させた2月12日(月)も、『ネプリーグ』は11.7%を記録していた。


「人気の『ネプリーグ』視聴者に、続けて見てもらえる編成を目指すんです。このところずっと、月9ドラマがブレーキになっている状態ですから、思い切ってドラマではないものをで繋げていくのもひとつの考え方だと思いますよ」(同前)


『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてる!』『ウチくる!?』など、いくつもの長寿バラエティ番組の3月終了が決まっているフジテレビ。「どエライ」事態の今だからこそ、大胆な変革に打って出られるか。

NEWSポストセブン

「フジテレビ」をもっと詳しく

「フジテレビ」のニュース

BIGLOBE
トップへ