ベッキー、大企業CM出演の現実味「禊は済んだ」と広告マン

2月18日(月)16時0分 NEWSポストセブン

ベッキー結婚はCMにどう影響するか(時事通信フォト)

写真を拡大

 タレントのベッキー(34)が巨人の片岡治大コーチ(36)との結婚を2月13日に発表した。かつて10社のCMに登場していたが、2016年に報じられたゲスの極み乙女。川谷絵音との不倫により、すべて降板となった。ベッキーはいわゆる「ナショナルクライアント」(知名度の高い全国展開するような企業)のCM出演が多く、まさに「CMクイーン」とも言える存在だったが、その座を失ったのだ。


 約11か月後にLINEのナレーションでCM復帰は果たしたものの、その後出演したのは昨年破産した企業のCMや、地方の商業施設のCMだった。かつての隆盛はもはや見られないが、今回の結婚はナショナルクライアントのCM出演への追い風になるのでは、と広告代理店の営業担当者(40代)は語る。


「これからベッキーはCMの世界に戻るのではないでしょうか。私自身もそう思っていますし、周囲の人間もそう感じています。業界では『みそいだ』といった言い方をしますが、いわゆる『禊(みそぎ)』が済んだ、ということですね。あれから3年、もう充分『みそいだ』といった反応が今回はありました。


 また、今回は不倫ではなく、人として幸せになったパターンです。かつ、ベッキーが干されたきっかけと逆の構図が好印象を与えています。不倫の時は、元々ベッキーが川谷のファンで彼を追っかけ、『略奪』した形になりました。しかし、今回は逆です。片岡コーチが10年来のベッキーのファンでした。自分が追っかけたという構図ではなく、向こうから追っかけられてその愛を受け入れた。このいきさつを鑑みるに、これからむしろ起用したい、という気持ちも出てくると思います」


 とはいっても、ネット上では未だにベッキーを許さないという声は多数出ている。これについて同氏は、「言う人は一生言います。一回失敗したら一生許さないというのはおかしいでしょう。私がスポンサーの決定権者だったら彼女を起用するでしょうし、私がキャスティングを提案する場合は企画に合うのであればベッキーを入れるでしょう」と述べる。


◆「CMクイーン」復活は?


 ある程度、「割り切り」が必要ということだ。また、広告制作会社関係者が予想する展開は、「どのナショナルクライアントが『過去に色々あったものの、幸せを掴んだベッキー』が登場するCMの第一弾を作るか」のレースが開始するというものだ。何しろ、「ベッキー結婚後初CM」となれば、テレビをはじめとしたメディアが大々的に番組の中で紹介することが見込まれる。


「CM枠をそれ程買わずともたくさんCMを流したのと同じ効果が見込まれるので、私としてはそのCMの担当をやってみたい」(広告制作会社関係者)


 果たしてベッキーはかつてのように「CMクイーン」に返り咲けるのか?大企業はCMに関するクレームに弱い。かつて不倫が原因で離婚した矢口真里が2016年3月、日清のカップヌードルのCM「OBAKA’S UNIVERSITY」に「危機管理の権威」役の「心理学部准教授」として登場し、「二兎を追う者は一兎をも得ず」とプレゼンした。これが猛反発をくらい、CMはお蔵入りとなった。


 この時は不倫発覚から約3年の間隔はあり、矢口は芸能活動を自粛したものの世間が「みそいだ」とは判断しなかったようだ。矢口の場合はその後、不倫相手だった男性と結婚したが、そのため「あの時の間男か…」といったことをネット上では書き込まれてしまっている。


 前出・広告制作会社関係者は「スポンサーの判断次第ではありますが、現状、ベッキーにはそこまでの逆風は吹いていないのではないか。不倫相手と結婚し、まだ不倫イメージを払拭できていない矢口とは状況が違いますので、もう少し様子を見て起用にこぎつける企業も出るかと思います。しかし、クレームに弱い企業は躊躇するかもしれないので、“クイーン”はもしかしたら難しいかもしれません」と語る。

NEWSポストセブン

「ベッキー」をもっと詳しく

「ベッキー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ