山崎賢人も大笑い? 川口春奈は「ユーモアたっぷり。最高!」

2月18日(土)17時54分 Techinsight

川口春奈、山崎賢人をここでも笑わせた?

写真を拡大

人気若手女優・川口春奈と俳優・山崎賢人が18日、都内劇場にて行われた映画『一週間フレンズ。』初日舞台挨拶に出席した。葉月抹茶氏の同名ベストセラーコミックを実写映画化した同作で、一週間しか記憶がもたないヒロイン・藤宮香織を演じた川口春奈と、彼女を思い続ける長谷祐樹役の山崎賢人。2人は、互いへの思いを書き込んだ証書を交換した。

この日公開になった同作の初回上演後、ステージに川口春奈、山崎賢人のほか、共演の松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、戸次重幸、そして村上正典監督が登場した。


同作で主演した川口春奈は、自身が出演した作品を観て涙を流したのは初めてだったという。その様子を「隣に事務所の社長さんがいたんですけど、2人とも鼻水を垂らして泣いてしまいまして…」と明かした。同作について「純粋で本当にいい作品だなと思って。みんなすごくいい表情をしていて、きれいな世界観で。胸を張って、みなさんに早く観てもらいたいなと思った」と自信をのぞかせた。


ヒロインを思い続ける長谷祐樹役を演じた山崎賢人は、「とにかくまっすぐにどこでも全力でやる。全力で汗水垂らした方が観てる人も共感してもらえるかなと思って、とにかくカッコ悪くてもまっすぐぶつかっていく—というのを頑張りました」と役にかけた思いを語った。


舞台挨拶では「いちフレ・公開記念証書」授与式が行われ、村上監督から出演者にひとりずつに記念証書が授与された。川口と山崎は特別に互いへの思いを込めた証書を交換することに。山崎が「公開記念証書。川口春奈殿。現場ではいろいろありがとう。ユーモアたっぷりの春奈ちゃん、最高!」と読み上げると、あっさりした文章に拍子抜けした場内では笑い声が漏れた。対する川口が「あなたの長谷君にいっぱい助けられました。本当にありがとう。人としても役者としてもまっすぐで全力で嘘のない賢人さんが大好きです。ありがとう」と読み上げると、山崎は控えめに「嬉しいー」と照れ臭そうだ。


その後、フォトセッションとなり、証書を収めた桜色の筒を手にした登壇者たちが満席の客席の中央に勢ぞろいすると、会場の「キャー」という歓声は最高潮に。好きな出演者の名前を書いた手作りのボードを掲げる熱心なファンも見られ、大歓声の中での写真撮影が終了すると、登壇者たちは惜しまれつつ退場した。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

Techinsight

山崎賢人をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ