“ダメな部分も、ひとつの個性”がテーマ——BREAKERZが『ダメプリ ANIME CARAVAN』OP曲に込めた想いを語る

2月19日(月)12時0分 アニメイトタイムズ

現在好評放送中の『ダメプリ ANIME CARAVAN』(以下、『ダメプリ』)。ダメ王子たちと恋仲になることが一つのゴールであった原作ゲームに対し、アニメでは王子たちの成長物語が描かれるなど、オリジナルストーリーが展開しています。

そんな本作のOP主題歌「D×D×D」担当するのは、DAIGOさん、AKIHIDEさん、SHINPEIさんからなる3人組ロックバンド「BREAKERZ」。オープニング曲やミュージックビデオはどのように制作されたのか、本作に関する気になる質問をBREAKERZの3人に伺いました。

キャラクターについての魅力や、メア役の木村良平さんに対するエピソードが語られるなど、『ダメプリ』ファン必見のインタビューとなっています!『ダメプリ』の世界観にマッチしたBREAKERZサウンド
——今回アニメ『ダメプリ ANIME CARAVAN』(以下、『ダメプリ』)の主題歌に関わるということで、何か意識されたことはありますでしょうか?

DAIGOさん(以下、DAIGO):お話をいただいて『ダメプリ』の世界観に触れて曲を作っていたという感じなので、意識しかしていないというか。全てが意識している部分でもあります。

——ゲーム『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』について、アニメより先にご存知だったのでしょうか?

SHINPEIさん(以下、SHINPEI):アニメオンエア前からですね。この曲の話をもらって取り組もうというところから『ダメプリ』のアプリを体験させてもらって。今でも引き続きやっている一人です。

すごく楽しく、そしてストーリーも面白くて。色々な要素があるアニメですよね。恋愛模様があったり、ドキドキする部分もあったり。そういういろんな王子が華やかに彩っているじゃないですか。そのめくるめく世界な感じを、なるべく曲に落とし込めたらというのをコンセプトとして作っています。——楽曲について、聞きどころがあれば教えてください。

SHINPEI:聞きどころと言っていいか分からないですけれども、一番のポイントはサビの最後の「ダメダメダメ」の3連発。仮歌詞からすでにあの歌詞になっていたというのは『ダメプリ』が呼んでいるフレーズだったんだろうなとすごく思います。

——歌詞の中には濁音が多く、それが曲の中の韻になっているように感じました。この辺りは意識されたのでしょうか?

DAIGO:テーマとして“ダメな部分も、ひとつの個性”という部分があったので、『ダメプリ』の主題歌ということもあって、ダメというワードを多く使いました。けっこうメロディーに乗せた時のノリも良かったし。ひとつのキーワードとして、今回ふんだんに使ってみようと思っている部分もありますね。

——サビの「ダメ」の部分や、抱きしめるの“だ”といった、音のキーになるところに濁音が入っていて、歌詞が耳に残りやすいという印象です。この曲はどこを切ってもCMソングになるような、いわゆる決めフレーズが豊富に含まれてると思うのですが、その点は意識されたのでしょうか?

DAIGO:決めフレーズについては、そうですね。歌の中はそんなに演奏時には賑やかにしすぎないようにとは思っていたんですけど。サビはけっこう派手に踊らせたりしているので。イントロ・サビはシンセフレーズもかなり踊りまくっていると思います。

それと歌が上手く共存するようにとか、バランスを考えていると思うけど。それもこのアニメの華やかさとか、キラキラしている感じを表現するには必要な要素だと思うんですよ。——公式ホームページに「バンドサウンドとストリングスの融合を気をつけた」とありましたが、工夫された点について教えてください。

SHINPEI:曲作りをやるにあたって色んな順番で音を入れていくんですが。今回に関してはまずストリングスのフレーズがある程度固まって、そこから僕とAKIHIDEさんでギターを、レコーディングで乗せていったという感じでした。いつもだとギター主体で曲を作ることが多いんですけど、そういう意味では新鮮な取り組みだったのかなと個人的に思います。

——ホームページのAKIHIDEさんのコメントで、「今までのBREAKERZサウンドとは違う一面がある」と書かれていました。このような楽曲が、今後BREAKERZサウンドの中に増えてくということでしょうか?

AKIHIDEさん(以下、AKIHIDE):今回『ダメプリ』さんの話をもらって、とにかく『ダメプリ』さんの持っている世界観を自分たちなりにより広げられるように作っていたので、そういう姿勢というのが、これから先もいろんな作品においては反映されていくとは思います。

普段僕は、ギターソロとかで速弾きとかあまりやらないんですけど、やっぱり王子さまと聞くと、ギターを速弾きする人なのかなと。弾きまくるみたいな、そういうことで王子さまとしてインスパイアされた部分もあったりしたので。そういった要素はこれから出てくるかもしれないですね。

——この曲をライブで披露するとしたら、どんな風にお客様に盛り上がって欲しいですか?

DAIGO:すごくスリリングで勢いのあるキャッチーな楽曲だと思うので、ノリやすいと思うし、やっぱりダメダメというところでダメのポーズをやってもらいたいなと思います。みんなで一緒になって盛り上がれるんじゃないかと思います。

——ポーズは大きな感じでしょうか? それとも小さな感じで?

DAIGO:まあ小さな感じでね(笑)。手を上げて、こうやってみんなでできたらいいですよね。

——演者側も、すごい絵が見れますね。

SHINPEI:そうですね、あまり見たことがないポーズですもんね。ライブ会場でっていうのは。

BREAKERZと木村良平さんの意外な関係とは……?
——作曲時に、今回出演される声優さんをイメージされたりとか、直接会う機会などありましたか?

DAIGO:声優さんをイメージしたというか、アニメで描かれる「ダメ」っぷりに一番重きを置いて作っていきました。個人的に、以前BREAKERZ がTrignalと対バン(=ライブで共演すること)させていただいたりもし、木村君(木村良平)とみんなでライブの後に飲んだりとかしたので、そんな木村君が出ているアニメでもあってすごく嬉しいです。友達の声優さんも出てるし。またそういうので繋がって色んな縁になっていくっていうのは、すごく嬉しいことだなと思います。

——ライブをやられる前から木村さんとはお知り合いだったんですか?

DAIGO:そうですね。姉(影木栄貴)が原作をやっていた『LOVE STAGE!!』のアニメで、声優を僕もやっていたんですけど、そこで木村君と出会って。また一緒の作品にこういった形で携わっているっていうのは、嬉しいなと思います。

——今回の『ダメプリ』の木村さんの役というのは、DAIGOさんからどんな印象を持たれたりしますか?

DAIGO:メアはすごく人気があるだろうなと思っていたら、やっぱり人気があるってう話を聞いて(笑)。木村君もすごく芸達者だから、なんでも基本的にこなせるというイメージなんですけど、すごくはまっている役だと思います。——木村さんの新たなハマり役の一つになるのかなと思って見ています(笑)。皆さんは今まで様々なアニメ作品の主題歌をやられていると思うのですが、例えばドラマの主題歌だったり映画とかの主題歌だったり、表現するのに違いはあるのでしょうか?

DAIGO:『ダメプリ』に関してはオファーを頂いた時にコンセプトとかがしっかりあったので、『ダメプリ』の世界を自分たち的にも感じながら作らせていただきました。

いろんな主題歌とかやってきたけど、これまで以上にやり取りを密にやらせてもらい、そういう曲になった気がします。BREAKERZと『ダメプリ』のコラボによって完成した曲という感じです。

——コラボで完成した曲というのは素敵なフレーズだと思います。原作のゲームをされているという話でしたが、他のゲームと印象が違った点などありましたか?

SHINPEI:この『ダメプリ』さんに関しては絵がすごく素敵で。僕男性ですけど、王子さまたちをどうしたらいいんだろうという不思議な心理がありました。

——DAIGOさんはどうでしょう?

DAIGO:やっぱりそれぞれの個性も際立ってますし、シンプルに楽しいゲームだと思います。それぞれのプレイヤーの思いというのが色々反映されていて、長く楽しめるゲームだと思います。

ミュージックビデオにも全力を注いだBREAKERZ
——MVで『ダメプリ』の衣装を皆さんそれぞれ着ていると思うんですが、扮するキャラクターについては、ご自身で選ばれたのでしょうか?

DAIGO:事前にあった衣装を俺たちが着たわけではなく、まずその衣装から作らせてもらって、細かいディテールにこだわってやったんです。キャラクターについては色々みんなで話して、ハマりそうな役を決めていったという感じですね。

衣装を着てメイクして髪とか決めたところで、どう考えてもこのキャラにはなれないだろうというのもあるので、自分たちがどれが似合うかという中で決めて行ったという感じでした。SHINPEIはリオット一択だったよね(笑)。

SHINPEI:この中だとそうですね(笑)。チャームポイント上腕三頭筋とか言ってたのにシンパシーを感じてたんですよ、個人的に(笑)。DAIGO:SHINPEIは、今回はリオットとしてやってもらって、いつもはサングラスをかけて活動してるんですけど、そこはリオットだからということで、もちろんサングラスもしてないし。初めてだよな? 作品の撮影では。

SHINPEI:デビューしてからは初めてですね。

DAIGO:ジャケ写もPVも裸眼というか、目を出したという。

SHINPEI:逆にこういう機会だからこそ、そういう体験ができたんで。グラサンかけて護衛はできないですからね(笑)。

DAIGO:誰の恰好なんだってなるしね。

SHINPEI:衣装もバッチリ、最高なものができたので。再現できるんだったらトコトンやらせてもらいました。

DAIGO:そのために髪を黒くして。似合うために全ての努力を注ぎ込んだというか。

SHINPEI:逆にAKIHIDEさんは、ずっと黒髪だったのを今回金色にしたりしたので。

AKIHIDE:でもなんかそれによって色々、自分自身も楽しませていただきましたし、『ダメプリ』と一緒に盛り上がれるというのは素敵だと思います。DAIGO:本当にここまで俺たちも、『ダメプリ』プロジェクトの、ある意味一員として取り組ませてもらっている感覚なので、本当にこだわって、とにかくけっこう演奏のシーンとかは普通のBREAKERZっぽいロックな衣装でもいいんじゃないかというスタッフさんからの意見もありましたが、今回はやり切ろうみたいな感じで、せっかくだからということで俺もナレクの格好をしました。

個人的にメアとかもやりたかったんだけど、さすがにナレクがいないっていうのは、ちょっとバランス的に違和感があるので(笑)。AKIHIDEさんのリュゼとかも見てみたかったんだけど(笑)。色々あってこういう形になりました。できることを全力でやりきった感じがあるので、本当に『ダメプリ』ファンの皆さんに気に入ってもらえたら嬉しいなと思います。——ありがとうございます。次に、皆さんご自身について、どんなダメ王子と思っているのかを教えてください。

DAIGO:まず自分らが王子なのかっていうのはあるんですけど(笑)。

SHINPEI:僕はSNS上とかでも公言しているんですけど…掃除とか洗濯とか食事作ったりするのが好きなんですが、けっこう物を落としちゃうんですよ。お皿を割っちゃうとか、携帯を気づいたら車の中に落として、そのまま忘れて行っちゃうとか。そそっかしいところがあるので。

それはどんな勉強をしても直らないので困っているところなんですけど、そこだけは昔から変わらず気をつけないといけないと思っています。

AKIHIDE:僕はダメなところがけっこうあると思うんですが、お酒が好きで止まんないですよね。記憶をなくしてしまって、すぐ寝てしまう。それがダメだと思いながら直らないですよね。

——DAIGOさんはありますか?

DAIGO:そうですね……。たくさんあるんですけど。初歩的なところで言うと、やっぱりコンタクトレンズをその辺に置いちゃうというか。カーペットの上にコンタクトレンズを(笑)。一日使い捨て用のやつとかカーペットの上に置いちゃったりして。パリンって乾いちゃったり。そうですね。「コンタクトレンズをゴミ箱に捨てない王子」(笑)。

——超ピンポイントできましたね(笑)。

DAIGO:ダメですよね、そこはね。

——それは直された方が良いような気が(笑)。

DAIGO:ワンデーだし使い捨てだからね。その辺に置いといて後で捨てようとは思ってるけど、忘れちゃうみたいな。

——コンタクトレンズゴミ箱に捨て忘れる系王子ということで(笑)。
次の質問ですが、「ダメプリ」の心略にかけて、今年心略してみたいことはありますか?

SHINPEI:小学校ぐらいの頃、住んでいる近所にアニメイトがあって、何度か行かせてもらいました。下敷きやクリアファイル買ったりしてたんですけど、大人になってからあまり行けてないんで、いろんなアニメイトで遊んでみたいなと。改めて行ってみたいと思います。

——ありがとうございます。AKIHIDEさんは?

AKIHIDE:やっぱりこの「D×D×D」という作品を出す以上は『ダメプリ』ファンの皆さんの心を心略していきたいなと思います。

——ありがとうございます。DAIGOさんは心略してみたいことは?

DAIGO:俺は、木村君のことが好きなファンの皆さんの心にBREAKERZで入り込みたいと思っています、ピンポイントで(笑)。木村君のファンの人達に好かれたい。仲良いし、ファンの皆にも仲良くしてもらって、ライブに来て欲しい。木村君のファンの皆さんにライブに来て欲しい。——木村さんも絶対逆のことを言うと思います(笑)。皆さんは普段アニメをご覧になるのでしょうか?

AKIHIDE:テレビとかDVDも好きな作品だったらボックスを買ったりもしますし、文化として僕らの世代だったら当たり前のことだと思います。

——ちなみにどんな作品でしょうか?

AKIHIDE:僕は『交響詩篇エウレカセブン』という作品がすごく好きでよくお酒飲みながら見ています(笑)。以前どうしても欲しい、特殊なタイプの本とかはアニメイトで買いました。

——ありがとうございます。SHINPEIさんはいかがでしょう?

SHINPEI:けっこうバラバラなんですけれども。元を辿れば『ドラゴンボール』とか『スラムダンク』とか少年漫画が好きで、最近はまってるのは、真逆の『思い、思われ、ふり、ふられ』っていう漫画が好きです。『アオハライド』という作品を描かれた咲坂伊緒さんの恋愛漫画ですね。

あと『魔法少女まどか☆マギカ』はDAIGOさんから教えてもらったんですけど、漫画から始めてDVD全部買って、サントラも買いました。音楽も込みで全部、もう作品として大好きですね。あの短いストーリーの中で、すごいワールドが入っていて。けっこう幅広く好きです。

——DAIGOさんはいかがですか?

DAIGO:そうですね、もちろん『おぼっちゃまくん』とかそういうアニメとかも大好きでした。あと『新世紀エヴァンゲリオン』と『魔法少女まどか☆マギカ』のふたつは本当に、いつ続編が観られるのかっていう。生きている間に見られたらいいなって思ってるんですけど、楽しみにしてます(笑)。

アニメイトとBREAKERZが、もしコラボするとしたら……?
——メンバーの皆さんにとって、アニメやゲームはどういった存在になりますか?

DAIGO:アニメ・ゲームとかも、もちろん生きていく上で、すごく普通になければいけないというか。

——あって当たり前みたいな感じですか?

DAIGO:当たり前だし、なきゃダメって言うか。そういう存在だと思うんですよね。本当に人生と言うか、生きていく上ですごく特別な時間になるし。本当に楽しい思いだったり悲しさだったり切なさだったり、色んな感情をもたらしてくれるっていう部分もある。俺たちにとって大切な存在ですよね。

SHINPEI:そうですね。良い意味で日常から自分を変身させてくれる、すごく楽しい時間ですね。音楽も僕にとっては本当にそうなんですけど、衣食住というのが人間には必要ですがそれだけだと味気ない人生なので、そこに楽しみっていう、生きる上で人間らしい気持ちをもたらせてくれる、すごく重要なツールだと思いますね。

特に僕らはアニメとタイアップをやることによって、楽しさがさらに合体するわけですから、すごく力になりますよね。

AKIHIDE:すごく大切な文化だと思います。その人の人生を豊かにしてくれると思うし、僕自身もアニメから勝手に、色んな感情を受け取って曲を作ったり詩を書いたりすることもあるので。文化として素晴らしいと思います。——ありがとうございます。これだけ楽しんで楽曲も作っていただけてるというのは、すごくファンの方にも刺さるんだろうなということが分かる気がします。ところで皆さんは、アニメイトに行ったことってありますか?

SHINPEI:もちろんあります。

AKIHIDE:僕は『攻殻機動隊』が好きで。なかなか見つからないアイテムを町で探していた時に、渋谷のアニメイトに入ったことがあります。

——DAIGOさんはどうでしょう?

DAIGO:行ったことあると思うんですけど、どうしたかっていうのは覚えてないですね。うちの姉も漫画家をやってますから、アニメイトっていうのは家で登場回数が多いワードなので、すごく馴染みのある場所というのは姉を通じてなっている部分はすごくありますね。

——もしアニメイトを好きに使って何やってもいいよと言われたとしたら、皆さんは何をしたいですか?

SHINPEI:僕は棚卸をしたいですね(笑)。すごいアイテム数ですよね。お客さんでちょろっと行っただけじゃ多分分からない、こんなグッズあるんだみたいな裏を見てみたい(笑)。

——地味に大変ですね(笑)。

SHINPEI:多分1日じゃ終わらないと思うんですけど。——DAIGOさん何かあったりします?

DAIGO:そうですね……。シンプルにサイン会かな。

——歌とかトークではなく?

DAIGO:サイン会。シンプルに。

——それはお姉さんがされているような?

DAIGO:そうですね。姉弟合同で、アニメイトでサイン会をした方っていないと思うので。

——作家とアーティストという組み合わせはないですよね。

DAIGO:もしかしたら、制覇できるかもしれない。

——ありがとうございます。最後に、読者の方に一言ずつお願いします。

SHINPEI:曲タイトルといい、ミュージックビデオといい、ここまでアニメ作品と強力なコラボレーションをできた楽曲というのは僕ら自身も初めてだったので、BREAKERZの音楽として、そして『ダメプリ』の音楽としてもきっと楽しんでもらえる、いろんな要素が詰まった曲が出来上がりました。ぜひこれを機にBREAKERZの音楽を楽しんでもらえたらと思います。

AKIHIDE:BREAKERZはデビューから10周年を超えまして、それでもまだ挑戦し続けているという姿勢をこの作品で感じて頂けると思います。ぜひそういうところを見ていただけたらと思いますね。

DAIGO:今回本当にBREAKERZとしても新しい挑戦ができ、『ダメプリ』のおかげで限界ぶっ壊してまた挑戦することができました。ぜひそのBREAKERZの新しい表現を皆さん見てもらって、本当に人間ダメな部分が誰しもあるけど、そういう部分も個性なんじゃないか。そういう前向きになれる曲でもあると思うので。ぜひ楽しんで欲しいなと思います。

——ありがとうございました。

BREAKERZのインタビューは、2月19日より配布されているアニメイト情報誌「きゃらびぃ」にも掲載中です。そちらもぜひチェックしてみて下さい!

CD情報
■BREAKERZ
Double A side 19th Single「D×D×D / GREAT AMBITIOUS -Single Version-」
2018年 3月7日(水)発売

●【初回限定盤A】CD+DVD価格:1,700(税込)1,574(税抜)
<収録曲>
M1. D×D×D words:DAIGO music:SHINPEI
M2. GREAT AMBITIOUS - Single Version- words:DAIGO music:DAIGO
<特典DVD>
・「D×D×D」Music Clip + Music Clip Off Shot
<封入特典>
・連動特典応募用ID封入

http://www.animate-onlineshop.jp/affiliate/affland.php?company_id=101&lsurl=http://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=1501524&lstid=AMAUTOTRACK (アニメイトオンラインショップでの購入はこちら)


●【初回限定盤B】CD+DVD価格:1,700(税込)1,574(税抜)
<収録曲>
M1. GREAT AMBITIOUS - Single Version- words:DAIGO music:DAIGO
M2. D×D×D words:DAIGO music:SHINPEI
<特典DVD>
・「GREAT AMBITIOUS - Single Version-」Music Clip + Music Clip Off Shot
<封入特典>
・連動特典応募用ID封入

http://www.animate-onlineshop.jp/affiliate/affland.php?company_id=101&lsurl=http://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=1501525&lstid=AMAUTOTRACK (アニメイトオンラインショップでの購入はこちら)


●【通常盤】CD Only価格:1,000(税込)926(税抜)
<収録曲>
M1. D×D×D words:DAIGO music:SHINPEI
M2. GREAT AMBITIOUS - Single Version- words:DAIGO music:DAIGO
M3. ポジティブブルー 〜Acoustic Version〜 words:AKIHIDE music:AKIHIDE arrangement:Masanori Takumi
<封入特典>
・トレカ4種類のうち1種類をランダム封入
・連動特典応募用ID封入

http://www.animate-onlineshop.jp/affiliate/affland.php?company_id=101&lsurl=http://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=1501526&lstid=AMAUTOTRACK (アニメイトオンラインショップでの購入はこちら)


●【ダメプリ盤】CD+アニメ描き下ろしジャケット価格:1,000(税込) 926(税抜)
<収録曲>
M1. D×D×D words:DAIGO music:SHINPEI
M2. GREAT AMBITIOUS - Single Version- words:DAIGO music:DAIGO
M3. D×D×D 〜TV Size Edit〜
<封入特典>
・ゲーム内アイテムシリアルコード付き

http://www.animate-onlineshop.jp/affiliate/affland.php?company_id=101&lsurl=http://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=1501527&lstid=AMAUTOTRACK (アニメイトオンラインショップでの購入はこちら)

アニメイトタイムズ

「BREAKERZ」をもっと詳しく

「BREAKERZ」のニュース

BIGLOBE
トップへ