清水富美加の出家宣言で「にじいろジーン」の後任探しは難航必至

2月19日(日)9時58分 アサ芸プラス

 女優の清水富美加の「出家宣言」で思わぬとばっちりを受けたのは、彼女がレギュラー出演していた情報番組「にじいろジーン」(関西テレビ系)だ。ベッキーの不貞騒動後、NHK朝ドラ「まれ」に出演して知名度を上げた清水を大抜擢していたが、今回の一件で番組を休演することになった。

「番組では春に向けて早急に新レギュラーを探しています。ベッキー復帰案も囁かれましたが、まだ不貞のイメージが払拭されたわけではなく、番組視聴者が多い主婦層への受け入れは難しいでしょう」(芸能ジャーナリスト)

 協議が難航しているのは、次に起用したタレントが問題を起こせば、番組の存続にも関わるため、“身体検査”に時間が掛かるという。だが、問題はそれだけではなかった。

「各事務所サイドも出演オファーがあっても積極的にはなれません。すでに“いわくつき”の番組ですからね。“身体検査”を通過してもオファーを受け入れてもらえるのか、そちらのほうが大変そうです」(前出・芸能ジャーナリスト)

 清水の後を継ぐのは、「出家」するよりも覚悟が必要なようだ。

アサ芸プラス

「にじいろジーン」をもっと詳しく

「にじいろジーン」のニュース

BIGLOBE
トップへ