「東京卍リベンジャーズ」実写映画化!原作者「震えました」

2月19日(水)8時0分 シネマカフェ

原作冒頭シーンのコラボカット『東京リベンジャーズ』(C)2020「東京リベンジャーズ」製作委員会

写真を拡大

「週刊少年マガジン」にて連載中(講談社)の和久井健による漫画「東京卍リベンジャーズ」が、『東京リベンジャーズ』として今秋、実写映画化決定。原作冒頭シーンのコラボカットも到着した。

累計発行部数300万部超え、連載されるやいなや、かっこ良すぎる登場人物たちやタイムリープと共に成長を遂げていく主人公の姿、熱い仲間たちとの絆、心揺さぶる名言の数々など、いま最も10代、20代男女の心を掴んで離さない「東京卍リベンジャーズ」。

主人公は、どん底人生真っ只中のダメフリーター・花垣武道。ある日、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた彼女・橘ヒナタとその弟・ナオトが、関東最凶の組織”東京卍曾”に殺されたことを知る。その翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落。死を覚悟した瞬間、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまう。過去に戻ったタケミチは、ナオトに遭遇し「10年後ヒナタは殺される」と伝えたことにより、未来が変化し…というあらすじだ。

今回の実写映画化を受け、原作者の和久井氏は「キャストの皆さんのお名前を聞いた瞬間に、スクリーン上のタケミチ達のイメージがすぐに浮かんで震えました!!ぜひ公開を楽しみにしていてください!!」と期待のコメントを寄せている。

『東京リベンジャーズ』は秋、全国にて公開予定。

シネマカフェ

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ