『スター・ウォーズ/エピソード9』撮影終了、J.J.エイブラムス「この恩は一生忘れない」

2月19日(火)22時28分 映画ランドNEWS

伝説の終焉を迎えるシリーズ集大成『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』が撮影を終えたことが明らかになった。


スター・ウォーズ


全人類が待ち望んだ映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。1977 年に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』がUSで公開されて42年、永きに渡り紡がれてきた伝説と呼べる唯一の映画が、集大成『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』で2019年に幕を下ろす。


全米興行収入ランキング歴代No.1を記録した『スター・ウ ォーズ/フォースの覚醒』で伝説を受け継ぎ、ルーカスフィルム社長キャスリーン・ケネディから「私達が望んでいたありとあらゆる全てをやり遂げてくれた」と絶大な信頼を置かれるJ.J.エイブラムスが脚本・監督を務める。伝説を締め括るに相応しいこの監督は「信じがたいことだが、今日、エピソード9の撮影を終えた。素晴らしい撮影スタッフとキャストには感謝の言葉もありません。この恩は一生忘れない。」と撮影終了を主要キャストが感慨深い表情で抱き合うオフショットと共に報告。


また、主人公のレイ役のデイジー・リドリー(写真:左)、ダース・ベイダーの意思を受け継ごうとするカイロ・レン役のアダム・ドライバー、フィン役のジョン・ボイエガ(写真:中央)、レジスタンスの若きリーダー、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック(写真:右)など主要キャストの続投に加え、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、旧3部作でハン・ソロの悪友ランド・カルリジアン役を演じたビリー・ディー・ウィリアムズも復帰。


さらに本作では、過去に撮影した未公開映像を使用しレイア・オーガナ役をキャリー・フィッシャーが務めるなど最後を描くに相応しいキャストたちが集結。「私たちはキャリー・フィッシャーを強く愛していた。彼女なしで真に満足できるスカイウォーカーサーガの終結など見出せなかった。私たちはキャストを変えることや、CGキャラクターを使用することは決してしなかった。彼女の娘、ビリーの協力と賛同があり撮影した未公開映像を使用することでキャリーが残したレガシーとエピソード9のレイア役に敬意を表す方法を見つけることができた。」と、42年にも渡る伝説を締めくくる為に帰還したJ.J.エイブラムスはシリーズ、そしてレイアへの愛をコメントしている。


映画『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』は12月20日(金)より全国公開


(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「スター・ウォーズ」をもっと詳しく

「スター・ウォーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ