山田邦子、YouTuberデビューも数字苦戦 「見守っていきたい」と温かい声も

2月19日(水)16時30分 J-CASTニュース

「山田邦子 クニチャンネル」から

写真を拡大

お笑い芸人の山田邦子さん(59)が2020年2月8日に開設したYouTube公式アカウント「山田邦子 クニチャンネル」のその後が、一部のネットユーザーの間で話題だ。

山田さんといえば、1980年代前半にお笑い芸人として頭角を現し、80年代後半からは「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」(フジテレビ系、終了)といった冠番組を持つまでになった人物。90年代中頃から徐々にテレビへの露出が減るも、その後も芸能活動を継続している。そして、2019年7月には、それまで所属していた太田プロを退社。その後は退社理由などを語ったインタビュー記事やテレビ番組が放送されるなどしていたほか、20年1月27日には新事務所に所属したことをブログで報告するなどしていた。




第1弾動画の再生回数は...




その山田さんは2月8日、「東出昌大の不倫騒動について山田邦子が語ります!」とのタイトルの第1弾動画を投稿。内容はタイトルの通り、東出昌大さんが起こした不倫問題についてだ。デビュー動画ということもあり、旬な話題を取り上げた動画の再生回数はさぞかし伸びたであろう......と思いきや、その回数は10日以上経った19日16時頃時点(以下同)で2215回。大御所お笑い芸人としては、何とも寂しいものとなっている。また、チャンネル登録者数は589人で、やはり、少ない感は否めない。



11日には第2弾となる「【山田邦子】太田プロを辞めた理由を話します」とのタイトルの動画を公開。これまでにメディアで語ってきた内容に加えてより詳細な部分にも触れつつ、自身の退社理由を説明する動画だが、こちらの再生回数は4871回。第1回に比べると再生回数は倍増しているが、それでも5000回に満たない。



12日公開の第3弾「ビートたけしさんの再婚について 過去の思い出話も交えて」に至っては、1096回と、ギリギリの1000超え。また、15日の第4弾「【疑惑の逮捕】槇原敬之の覚せい剤逮捕について」では、本人のコメント欄に「マッキーと私の意外なつながりもお話します」と書いてある通り、山田さんと槇原さんの意外な関係が明かされるシーンもあったが、その再生回数は1129回だ。19日時点16時05分時点で、山田さんは計5つの動画を公開しているが、残念ながら、再生回数が5000回に到達したものはないのが実情だ。




「山田邦子を見て笑った世代はYouTubeに興味無いんやな」




これら、再生回数が伸び悩むなどしている山田さんの公式アカウントに対し、ネット上ではツイッター上を中心に、「山田邦子を見て笑った世代はYouTubeに興味無いんやな」といった、山田さんの良さはYouTube上では発揮しづらいのではないかとする声がチラホラ。他にも、「山田邦子YouTuberデビューしてたんだな。邦ちゃんのやまだかつてないテレビ以降忘れられたタレントってイメージ」と、昔の活躍を懐かしむ声のほか、「80〜90年代初頭の雰囲気を愛する者としては見守ってゆきたい」との温かい声も上がっている。



ちなみに、2月1日にYouYuberデビューした江頭2:50さん(54)は、19日公開の動画の再生回数が早くも33万回に達しているほか、1月29日にYouTuberデビューした宮迫博之さん(49)が18日に公開した動画は再生回数が12万回に到達するなどしており、これらと比べると、山田さんの動画はやや寂しい感は否めないものになっている。大御所の今後の奮起に期待したい。



(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

J-CASTニュース

「山田邦子」をもっと詳しく

「山田邦子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ