接触イベントについての暴言が流出したK-POPアイドル、業界を追放される!

2月19日(日)18時0分 messy

少年24では、メンバー28人が4ユニットに分かれて活動。問題の彼は“スカイ・ユニット”に所属

写真を拡大

 近年のK-POP業界はハイタッチや握手会は欠かせません。というか、もう、そうした特典がないとファンは来ません。とはいえ、当事者のアイドル的には「ライブやイベントで疲れてるのに、面倒くさくてやってらんないよ!」って感じでしょうか?

「ハイタッチひとつにも、本人たちのやる気が見てとれます。元気いっぱいのアイドルもいれば、机に体重を預けて体と手を固定して、自分の負担を少なくしようとするアイドルもいます。後者は、手を固定しているところにファンが次々に握手やタッチをしていくのですから、イージーな流れ作業というか、なんというか。モチベーションを保てなきゃ、そのあいだ中ずっとほかのことを考えるしかないわけで。モチベーションといっても、煎じ詰めれば“握手のひとつひとつを金に換算できるかどうか”ってこと。すぐお金になるわけじゃないけど、握手1回につき頭のなかでチャリ~~ンと音が鳴らなきゃ、やってられません(笑)」(アイドル・ライター)

 ハイタッチなんてバカバカしくて、やってられるか……そんな暴言を吐き、K-POP界から追放されたのが少年24のファヨン君です。

「ハイタッチイベントは、吐きそう」

 またまた「誰、それ?」な少年24ですが、「大所帯K-POPグループが上陸。日本のファンは熱いけど、メディアの対応は…」と題したコラムでもチラリとご紹介しましたね。簡単にいっちゃえば、韓国の男性版AKB48みたいな感じで、28人で構成。そこから4つのユニットに分かれ、昨年末にふたつのユニットが来日しました。

「当日はマスコミが多数詰めかけたのですが、彼らのお目当ては少年24なわけはなく、トレエンの斎藤さん。会見でもマスコミは斎藤さんにマイクを向け、メンバーは斎藤さんのギャグとダンスを絶賛。主役の少年24が刺身のツマ扱いでした。で、救いはファヨン君が来日しなかったこと。もし来日していたら、またも好き勝手いって総スカンを食らっていたことでしょう」(韓流雑誌編集者)

 そんなファヨン君が追放されることになったきっかけになった暴言が下記の通り。

「僕は女の子から『オッパ(お兄ちゃん)』と呼ばれるのが好き。ファンから『オッパ』と呼ばれるのは聞きたくもない。毎日700〜800人のファンとハイタッチするけど、ほんと吐きそうになるよ。口から糞が出るよ」

 最後の「口から糞が出るよ」は余りに嫌気がさして、「自分の口から糞が出る」といいたいのか、それとも、ファンの口臭が臭すぎて「あんたの口から糞が出てるよ」といいたかったのか、定かではありません。

 この音声ファイルが元カノだか女友だちだかによって公開され、彼のトンデモぶりが世間に露呈した次第。ある程度売れているアイドルなら、事務所もナントカ対処したことでしょう。でも彼らは練習生とレベルが一緒で、ピンじゃ使えないから束で売り出しているだけの半端モン。事態を収束させるには、彼を切るのがベストと判断し、事務所は今月、「永久除名と専属契約の解除」を発表しました。

アイドルはみんなそう思ってる?

 先ほども述べましたが、救いは彼が昨年末に来日しなかったこと。もし来日してたら、きっとこんなふうにつぶやいていたことでしょう。

「少しはこっちの身にもなってみろよ。ギャグが面白いのならまだしも、禿だけがウリの芸人を持ち上げるのも大変だぜ。下手にダンスが上手いからシャクだけど、アイドルと禿を一緒にすんなよ」

……という具合に(あくまで想像です!)。

 ファンから何と呼ばれようが、手が疲れようが、ファンの口臭がひどかろうが、ハイタッチのひとつひとつが将来的に換金されると理解できれば、我慢ができますよね。結局それが分からず、天狗になっていたファヨン君はおバカさんってこと? それとも程度の差はあれ、アイドルは皆、ファヨン君のような思いを抱えてるってこと?

 にしても不憫なのは、少年24の残るメンバーたち。ファヨン君の残した傷跡はあまりに深く、ファンはみな少年24に対し不信感を抱いています。それゆえ彼らの再来日があっても、ファンが詰めかけることはもうないのです。

佐々木薫:「握手会を終えたアイドルは皆トイレで手をゴシゴシ洗ってるのでしょうか?」と毎日悩むアラフォーK-POPファン。

messy

「暴言」をもっと詳しく

「暴言」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ