フジテレビ・久慈暁子アナが異例の大出世か

2月19日(月)21時0分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



フジテレビの久慈暁子アナウンサーがまた“特別扱い”を受けそうだという。


「早ければ4月にも、現在出演中の『めざましテレビ』でMC待遇に昇格するという話が出ています。彼女の特別扱いは誰の目にも明らかですが、昇格させるに値する理由もあるのです」(フジテレビ関係者)


現在、めざましテレビは三宅正治アナと永島優美アナがMCを務めている。


「フジテレビを退社した加藤綾子がMCだったころのめざましテレビは、三宅アナ、生野陽子アナ、加藤という3人体制でした。だから三宅、永島、久慈という3人体制に戻ってもおかしくはありません」(同・関係者)


現在、めざましテレビの準MCには宮司愛海アナがいるが、彼女は4月1日からはじまるスポーツニュースの新番組『SPARK(スパーク)』のMCになることが発表されている。この新番組は、現在放送されている『スポーツLIFE HERO’S』の後継番組だ。


「HERO’Sは、退社する加藤の功績に対して前フジテレビ社長の亀山千広氏が作った慰労のための番組でした。しかし、加藤の私情が絡んだ取材と視聴率の低迷が不評で、3月での終了が決定しました。そこで宮司アナに白羽の矢が立ったのです」(テレビ雑誌編集者)



久慈アナ+大谷翔平で視聴率アップ狙い


久慈アナを昇格させることで、フジテレビが狙うのは、MLBのロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した大谷翔平の独占取材を増やすことだ。


「久慈アナと大谷は同じ岩手県奥州市出身で、久慈アナは大学時代に奥州市長を囲んで対談しています。大谷は基本的には女子アナの取材を断っていますが、旧知の仲である久慈アナの取材は容認しているのです」(同・編集者)


久慈アナを“大谷番”にすることで得られるメリットは大きい。


「大谷が番組に出ると視聴率が2%上がるといわれています。視聴率巻き返しを狙うフジテレビは、なりふり構わない“大谷頼み”に出るのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)


フジテレビは早くも切り札を出すようだ。



まいじつ

「フジテレビ」をもっと詳しく

「フジテレビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ