AKB篠田がカワイイ区の区長退任、市が「迷惑かけるわけにいかない」。

2月19日(火)14時17分 ナリナリドットコム

福岡市は2月19日、ホームページ上の“仮想”行政区「カワイイ区」の区長を務めていた、アイドルグループ・AKB48篠田麻里子(26歳)が、同日付で退任すると発表した。

市の発表によると、「カワイイ区」は福岡県糸島市出身の篠田を区長に迎え、昨年8月にスタート。福岡の魅力を伝えるプロモーションの任を担ってきたが、「カワイイ区は男女差別を助長するものではないか」など4件の苦情が寄せられたことから、現在、そのあり方を巡って議論が進められている。

そうした中で、「カワイイ区に関するこのような議論と直接関係のない篠田麻里子さんに、これ以上ご迷惑をかけるわけにはいかないとの判断」により、篠田区長の退任を決めたという。

なお、後任については「早急に選考を進める」とし、今後も「福岡市カワイイ区は、これまで以上に、福岡の魅力や特性を発信し、交流人口の拡大や産業振興などにつながる事業に取り組んでいきます」とのことだ。

「カワイイ区」は、「豊かで健康的な食べもの」「コンパクトな都市スケール」「アジアと交流してきた歴史や風土」「クリエイティブな文化と豊富な人材」など、福岡のさまざまな魅力や特性を“カワイイ”というコンセプトで発信していくシティプロモーションの一環で始めた事業。現在までに4万人を超える人が区民登録している。

ナリナリドットコム

「カワイイ区」をもっと詳しく

「カワイイ区」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ