「CDショップ大賞2016」入賞作品、Acid Black Cherryの『L−エル−』に注目!

2月19日(金)15時30分 OKMusic

アルバム『Lーエルー』 (OKMusic)

写真を拡大

2月18日に「CDショップ大賞2016」に入賞作品が発表され、Acid Black Cherryの4thアルバム『L−エル−』が選ばれた。

この賞は「行かなきゃ 会えない 音がある。」というスローガンのもと、全国のCDショップ店員の投票による、“本当にお客様にお勧めしたい”作品が選ばれる。

過去にはサカナクションSEKAI NO OWARI 、マキシマム ザ ホルモンといったアーティストが選出。今年は、過去にも受賞歴のある星野源back numberといった今のJ-POPシーンを走るアーティストから、大原櫻子・水曜日のカンパネラなどの今後ブレイクが期待される新人まで幅広く選出されている。

今回は、受賞作品の中ではあまり歌番組などで見ることのない、かつ新人でもないアーティスト、Acid Black Cherryの『L−エル−』に注目してみた。

Acid Black Cherryとは、Janne Da Arcのyasu(Vo)のソロプロジェクトで2007年にデビュー。現在まで発売した19枚のシングルは全てオリコン週間チャート5位以内、4枚のオリジナルアルバムは全てオリコン週間チャート2位以内にランクイン。また、昨年夏には野外フリーライヴを敢行し、なんと10万人を集客した。実はフリーライヴ国内最多動員を記録する実力派アーティストである。

今回入賞したのは、昨年2月に発売された4thアルバム『L−エル−』。エルという一人の女性の波乱に満ちた生涯を綴った物語と音楽が絡み合う壮大なコンセプトアルバムで、アルバムにはエルの生涯を綴った物語がストーリーブックとして付属されている。

ここで重要なのは、『L−エル−』は物語に基づいて創られたサウンドトラックではなく、純粋なロックアルバムということ。あくまでも楽曲先行で作られた流れに沿って、物語が紡がれていったという。配信が主流となりCDを手にすることが少なくなった現時代において、コンセプトストーリーブックをじっくりと読みながら視覚と聴覚の両方で感じる“CD”というスタイルを重んじて今作を世に送り出した。

CDショップ大賞のHPには、「パッケージの随所に音楽とリンクする仕掛けが多数。これこそ『何度も繰り返し聴いて貰えるように』と作品に込めた愛であり、リスナーに向けた愛。」や「CDだけ聴くもよし! コンセプトストーリーとともに世界観に浸るもよし! 隠された遊び心を探すもよし! 色んな楽しみ方ができる作品です。」とのコメントが寄せられている。

アルバムが発売した後は、大手出版社KADOKAWAよりストーリーブックの書籍化も行われ、現在まで5刷されるなど大きな反響を呼んでおり、「物語を読んで、音楽を聴いて、また物語を読んでみたら映画を観た気分になった」との感想もユーザーから寄せられている。

賞を通して「新しい才能、素晴らしい作品、そして誰かの人生を変えてしまうかもしれない作品」を伝え届けることを目指しているCDショップ大賞。このAcid Black Cherry『L−エル−』を手にしていない人は、これを機会に作品に触れることで、新しい才能と作品に出会えるかもしれない。

OKMusic

「Acid Black Cherry」をもっと詳しく

「Acid Black Cherry」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ