ガチャ用サイズのスーファミがめちゃくちゃ細かくてテンションあがる!

2月19日(月)15時17分 おたくま経済新聞


 昨年、往年の人気ゲーム機「スーパーファミコン」(以下、スーファミ)をミニにした、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発売となり話題となりましたが、さらにミニサイズがガチャアイテムとして登場し、その作りが「めちゃくちゃ細かい」と話題になっています。

 今回このガチャに挑戦したのは、ゲーム音楽をピアノ演奏することで人気のkantaku@マリオピアニストさん。kantakuさんはファミコンのゲームカートリッジを完全コンプリートするほどのファミコン好き。今回スーファミのガチャを名古屋市内で発見したという事で回してきたそうです。



 「スーパーファミコンのガチャガチャを引いてきた。3回でこの引きは良い!めちゃくちゃ細かく作られていてテンション上がるね。」と、戦利品を手のひらにのせ披露しています。



 話題となったガチャは、「Nintendo HISTORY COLLECTION スーパーファミコン編」という商品名。2011年にタカラトミーアーツから登場し、今話題となっているのは2017年12月中旬から登場している再販売版。含まれているのは「スーパーファミコン」「サテラビュー」「スーパースコープ&マリオペイント」「スーパーファミコン&スーパーゲームボーイ」「スーパーファミコン&スーパーゲームボーイ2」の全5種類あります。kantaku@マリオピアニストさんは、そのうちの「スーパーファミコン」「サテラビュー」「スーパーファミコン&スーパーゲームボーイ2」の3種類を引き当てた模様。



 この画像がツイッターに投稿されると1万回以上リツイートされ、国内のゲーム好きからは「サテラビューだ……」「スーパーゲームボーイ2すげぇ」などラインアップと作りの細かさを絶賛する声が。海外からのユーザーからも「これはすごい」「欲しい」という反応が。

 ちなみに、スーファミの本体とカセットは差し替える事ができ、ラベルの文字も細かく再現されているそうです。しかも本体とカセットだけでなく周辺機器も本物のスーファミ同様取り外し可能。ホントこのクオリティすごい。これが1回400円で手に入るなんて。なお、取扱いは全国のガチャ取り扱い店舗となっていますが……。実はこの商品、前回瞬殺で売り切れる場所が続出していました。このため、どうしても欲しい人はなるべく早めにチャレンジしたほうが良さそうですよ!



<記事化協力>

kantaku@マリオピアニストさん(@pianistkantaku )

(梓川みいな)

おたくま経済新聞

「スーファミ」をもっと詳しく

「スーファミ」のニュース

BIGLOBE
トップへ