佐野元春、大阪城ホールで特別コンサートを開催!「今ここで舞台に立てることに感謝」

2月19日(金)12時0分 Rooftop

2021_002_coyote band.jpg

オノ・ヨーコ & ショーン・レノンとの共演、ジョン・サイモンとTHE BAND のメンバー、ガース・ハドソンとの共演など、過去、数々の伝説的ライブを大阪で展開してきた佐野元春。デビュー40 周年を迎えてこの4 月、大阪城ホールで特別コンサートを開催することが決まった。

すでにチケットの先行予約を受け付けている武道館公演に続いて、大阪城ホール公演の詳細が発表された。

今回の大阪城ホール公演は、新型コロナウイルス感染拡大予防対策を万全に整え開催される。政府によって示されたイベント開催制限条件に基づき、感染拡大防止対策ガイドラインを遵守した人数制限(会場キャパシティの50% 以下、収容人数5,000 人以下)で実施、換気・消毒・検温など最新の医学的見地にもとづいた万全の対策をとってのライブ開催となる。

バッキング・バンドは、THE COYOTE GRAND ROCKESTRA。Guitar= 深沼元昭、Guitar= 藤田顕、Keys= 渡辺シュンスケ、Drums= 小松シゲル、Bass= 高桑圭に加えて、Percussions=大井スパム、Keys= Dr.kyOn、ブラスセクションに山本拓夫らが参加する。

公演ではこれまでファンに愛されてきた数々のオールタイムヒットから最新の重要曲まで、まさに40 周年に相応しいセットリストが用意される。

また、今回のコンサートの収益の一部は、コロナ禍の逼迫する最前線において、治療や感染予防に懸命に対応されている医療従事者の方々への支援金として役立てることが発表されている。

1980 年にデビュー。今もクリエイティブに走り続ける佐野元春という奇跡。大阪城ホールでの特別なワンナイト・スタンド。その歴史的な瞬間は見逃せない。

佐野元春からのコメント


「緊急事態宣言」
words by 佐野元春

無闇に恐れないで
無駄に油断しないで
いつものフローで行こう

記念ではなく
祝祭でもなく
唄う理由を知るための
まぎれもない証

今ここに迎えた40 年ではあるが
今ここで舞台に立てることに感謝

直の場
仮想ではなく現実の場
リアルな場、本物の場

君に会えるのは
これで最後になるのだろうか

そうであっても
そうでなくても
明日は来る

ここにささやかな場を
仲間たちに捧げたい

守って、祈って
準備ができたら知らせてほしい
門は開けっぱなしにしておくよ

一緒に過ごそう

2021.2 佐野元春



Rooftop

「大阪」をもっと詳しく

「大阪」のニュース

「大阪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ