フジ女子アナ軍団 凍結麺など極寒の平昌で涙ぐましい努力

2月19日(月)16時0分 NEWSポストセブン

ミタパンも平昌で凍えた(写真:ロケットパンチ)

写真を拡大

 ノロウイルス発生や北朝鮮の“美女応援団”など、競技外の話題も豊富な平昌五輪では、テレビ局が現地に送り込んだ花形女子アナも悪戦苦闘している。


“寒さネタ”に体を張ったのがフジの内田嶺衣奈アナ(28)。氷点下14℃の屋外に立たされ、「いつまで我慢できるか」をレポート。わざわざサーモカメラで体温がどんどん下がっていく様子まで映し出され、15分でギブアップした後、彼女の顔色は真っ青になっていた。


 同じくフジの宮司愛海アナ(26)は、箸で麺をすくった状態で凍ったカップ麺を片手に、「ご覧ください!食品サンプルみたいにカチカチに凍りました!」と中継した。


 必要な“絵”だったのかはわからないが、あの手この手で寒さを表現するその努力は涙ぐましい。


 フジ・三田友梨佳アナ(30)は、開幕前の6日、北朝鮮の五輪参加に反対するデモ隊と警察の衝突に巻き込まれた。後に「息ができなかった」と振り返った体験は、屋外取材以上に“凍える思い”だったのではないか。


※週刊ポスト2018年3月2日号

NEWSポストセブン

「フジ」をもっと詳しく

「フジ」のニュース

BIGLOBE
トップへ