マスコミが変わらねば、まっとうな女性政治家の登場は難しい

2月19日(月)7時0分 NEWSポストセブン

舛添要一・前都知事と文筆家の古谷経衡氏(左) 撮影/太田真三

写真を拡大

 女性政治家の失言やスキャンダルが政界に嵐を呼び、女性都知事がその嵐に乗じるも、彼女もまた躓いてしまう。そんな昨年の衆院選を批評した古谷経衡氏が国際情報誌・SAPIOに綴った「女性政治家の通信簿」が反響を呼んだ。女性に点数を付けることが「女性蔑視」との声も寄せられたが、政治家の資質を問うことが非難されるのもおかしい。


 先進国で日本の女性議員率は圧倒的に低い(衆議院で約10%、世界平均の半分)。前号に続き古谷氏、そして日本はもちろん、海外の事例も知る舛添要一前都知事とともに、女性政治家の現状を語ってもらった。

 

〔議員名のあとの括弧内の表記は、(年齢、所属、当選回数)を表す〕


古谷:僕はいまの日本の女性議員を巡る問題には、マスコミの責任が大きいと考えているんです。小池百合子(65・都知事)や山尾志桜里(43・無所属〈元民進〉・衆3期)ばかりを取り上げて、地道に活動を続ける地方議員にまったく注目しない。光を当てたとしても美人すぎる市議ぐらいでしょう。


舛添:まったく同感です。マスコミの罪はとてつもなく大きい。政治とテレビの関係が変質したきっかけが小泉政権です。劇場型政治とくに女性議員とワイドショーは相性がいい。


古谷:小泉チルドレンの片山さつき(58・自民・参2期)と佐藤ゆかり(56・自民・衆3期)、郵政民営化に造反した候補に立てた「くノ一」と呼ばれた女性議員たちをメディアはこぞって取り上げた。小池もくノ一の1人だった。リベラルの辻元清美(57・立憲民主・衆7期)や山尾にしてもマスコミにとっては劇の配役に過ぎない。


舛添:マスコミが変わらなければ、まっとうな女性政治家の登場は難しいかもしれません。新内閣の組閣で女性閣僚がひとりもいなければ、男尊女卑内閣だとマスコミが必ずたたく。内閣は支持率を気にするから、資質に疑問を持っても女性閣僚を登用せざるをえない。そんな状況が続いているからまともな女性リーダーが出てこない。


古谷:いまのお話は、女性議員の背景に存在する女性有権者の問題にもつながります。男性目線だと批判されるでしょうが、日本には自立できない幼稚な女性が増えている。とくに近年、女性の劣化が目立ちます。


 恋愛をしたアイドルが罰として頭を丸刈りにして許しを請うたり、稲田朋美(58・自民・衆5期)が追及に耐えきれずに泣いて安倍(晋三)に庇護を求めたりする。明らかに異常なのに批判する人が少ない。しかも女性側はなんの声も上げません。


舛添:私はそこにネット社会の病理を感じます。そのアイドルにしても、稲田や片山にしても、自分に肯定的な意見だけをネットで見るから錯覚して満足してしまう。そして違う立場の人の意見には耳を貸さない。諫言という言葉が死語になってしまった。古谷さんがいう努力や切磋琢磨をする以前の問題です。


古谷:女性議員の数を増やせば切磋琢磨するという主張もありますが、そんな単純な話ではありません。


 僕は女性議員の比率が世界193か国中、163位(IPU調査)だからもっと増やそうという意見には反対なんです。政治家にふさわしい女性がいないなら男性でいいじゃないか、と。ムリに下駄を履かせて政治家にするのは逆差別でしかない。


舛添:私も女性議員の定数を設けるクオータ制導入には一貫して反対してきました。導入すれば、いま以上に能力がない女性議員が増える恐れがあるからです。


古谷:おっしゃる通りです。議員の女性比率の低さは結果で、原因ではない。まずは舛添さんが指摘された女性議員が劣化した原因を彼女たち自身が認識する必要があると思います。


【PROFILE】ふるや・つねひら/1982年北海道生まれ。立命館大学文学部史学科(日本史)卒業。文筆家。主な著書に『左翼も右翼もウソばかり』『草食系のための対米自立論』『「意識高い系」の研究』。最新刊に『「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす』。


【PROFILE】ますぞえ・よういち/1948年福岡県北九州市生まれ。1971年東京大学法学部政治学科卒業。2001年参議院議員(自民党)に初当選し、厚生労働大臣等を歴任。2014年2月、都知事就任。2016年6月、辞任。辞任後初となる著書『都知事失格』が弊社より発売中。


※SAPIO2018年1・2月号

NEWSポストセブン

「政治家」をもっと詳しく

「政治家」のニュース

BIGLOBE
トップへ