講談社「コミックDAYS」 6誌読み放題720円に慎重意見も

2月19日(月)8時58分 STANDBY


講談社が、漫画雑誌『ヤングマガジン』『モーニング』『イブニング』『アフタヌーン』『Kiss』『BE・LOVE』の6編集部が共同運営する新Webサイトとアプリ「コミックDAYS」をリリースすることを発表。2月15日にはWeb版をプレリリースした。

6誌定期購読が月額720円(初月無料)。無料期間終了後は単行本が買えるポイントが毎月200ポイント付与される。『月刊ヤングマガジン』からの連載移籍となる『中間管理録トネガワ』や、『金田一37歳の事件簿』、『寄生獣リバーシ』など多数のオリジナル連載と、『沈黙の艦隊』『ピアノの森』『3×3EYES』『海月姫』などの名作が無料で読めるほか、1話ごとに購入することも可能。

漫画をスマホやタブレットで読むことが当たり前になった今、このニュースにはネットユーザーも注目。Twitterには、

“コミックDAYS、6誌で週刊誌が5冊で出たときの合計額を試算すると7500円くらいになるのか…それを毎月720円で提供するのはすごいなぁ…”
“まじか…。何気に嬉しい人多いだろ…。”

と、おトクに人気作品が読めそうという声が多数あがっている。ただし、紙の雑誌がまるごと読めるわけではなく、Web版のヘルプページにも「『バガボンド』『レベレーション(啓示)』、一部記事、グラビア、袋とじなどは配信しておりません 。」と説明されている。そのため、

“結局「一部の連載、記事、グラビアを除く」がどんどん増えていって紙の方がお得になる未来しか見えない。ナシだな。”

と慎重になる人もいるが、

“モーニングだけでも2週間分で元取れるんちゃうのこれ・・・
ダウンロードは出来ない・前号までしか読めない・グラビアはないものもある
と制限はあるもののかなりいい気がするな〜
3月から課金してみるかな”

と、それでもオトク感が得られるという意見の人も。
「コミックDAYS」オリジナル作品と名作が毎日更新され、「いいね!」の数で掲載順が決まるという。コミックDAYS編集部は、「コミックDAYS」を通して「マンガをもっと盛り上げたい」と考えているといい、「たくさんの作品を生み出し、そして新たなチャレンジを続けていく所存です」と意気込んでいる。
(花賀 太)

■関連リンク
コミックDAYS
https://comic-days.com/

コミックDAYSよりリリース前のご挨拶 – コミックDAYS-編集部ブログ
https://comic-days.com/blog/entry/2018/02/14/171529

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001597.000001719.html

STANDBY

「講談社」をもっと詳しく

「講談社」のニュース

BIGLOBE
トップへ