羽生結弦の“金メダル”に触れる織田信成「日本フィギュア男子最高!!」

2月19日(月)10時36分 Techinsight

羽生結弦と織田信成(画像は『織田信成 nobunari oda 2018年2月18日付Twitter「ゆづ本当に五輪二連覇おめでとう!!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で金メダルに輝き五輪連覇を成した羽生結弦選手。プロフィギュアスケーターでフィギュアスケートコーチ、タレントとしても活躍する織田信成が2月18日、『織田信成 nobunari oda(nobutaro1001)ツイッター』でその羽生選手から金メダルに触らせてもらうところを公開している。

16日にショートプログラム、17日にフリーが行われ、合計317.85点で羽生結弦選手が1位、宇野昌磨選手が306.90点で2位、田中刑事選手が244.83点で18位となった。

織田信成は「ゆづ本当に五輪二連覇おめでとう!!」「しょーまも初出場銀メダルおめでとう!!! 二人とも凄すぎる!」「物凄い緊張感の中刑事も本当に頑張った!!」と称えて、「日本フィギュア男子最高!! イェイ!!」とハイテンションでツイートした。

彼は16日のショートプログラムを観て感激のあまりつぶやく言葉が見つからず「号泣」絵文字を4つ並べるのがやっとで、さらに17日には「号泣」絵文字を52個並べて「織田くん、一緒に泣かせていただきます」「脱水症状に気を付けてください!」とフォロワーの反響を呼んだ。

「今日は思いっきり泣いてください!! この金銀は織田さん達が歩んだ足跡の賜物です!!!」「織田くんよかったですね。高橋君と頑張って土台作り上げてきたから後輩が台乗り出来たんですよ。泣いて泣いていっぱい泣いてください」といったコメントも寄せられており、彼の中ではそんな感慨もあっただろう。

画像は『織田信成 nobunari oda 2018年2月18日付Twitter「ゆづ本当に五輪二連覇おめでとう!!」』のスクリーンショット

Techinsight

「フィギュア」をもっと詳しく

「フィギュア」のニュース

BIGLOBE
トップへ