安住紳一郎、国山ハセンの結婚報告でツッコまれた不意の“とばっちり”とは?

2月20日(木)18時0分 アサ芸Biz

安住紳一郎

写真を拡大

 TBSの国山ハセンアナウンサーが、レギュラー番組「グッとラック!」内で4歳年下の一般女性と結婚したことを発表した。ハセンアナは、通常、MCの立川志らくのコーナー「志らく、一段らく」のタイトルを「ハセン一段らく」に変えて報告。「私事ではございますが、先週金曜日、つまりバレンタインデー、国山ハセン、結婚致しました!」と笑顔で語った。
 
 なれそめについては「都内の飲食店で私が声をかけました。簡単に言うと、私国山、ナンパしました。つまりナンパ婚でございます!」と打ち明け、共演者の笑いを誘った。

 この報に視聴者からは「ナンパしましたって言い切ったところが潔い」「成功おめでとうございます!」「“ナンパ婚”と言えばチャラく聞こえるが、幸せいっぱいに人に発表することほど男らしいことはないのではないかと思う」など、好意的に受け取られたようだ。

「コメントの中には“安住(紳一郎)アナの春はまだ遠いのかな”と、ハセンアナの先輩の安住アナを心配する声も多く寄せられていました。安住アナと海外ロケを何度もしている女優の米倉涼子とのロマンスを期待していた視聴者もいましたからね。これで、安住アナへの“結婚イジリ”が増えそうです」(芸能記者)

 実際は“合コン婚”でも、結婚式では “知人の紹介”と表現される昨今。それを全国放送で“ナンパ”と正直に話したハセンアナの好感度は確実にアップしたようだが、確かに安住アナの女性関係も気になるところだ。

アサ芸Biz

「国山ハセン」をもっと詳しく

「国山ハセン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ